ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SimulationData.DataStoreMemory

データ ストア ログ情報のコンテナー

説明

Simulink®Simulink.SimulationData.DataStoreMemory オブジェクトを使用して、シミュレーション時に Data Store Memory ブロックのログ情報を格納します。このオブジェクトは、データ ストアに書き込むブロックについての情報を含んでいます。

プロパティのまとめ

名前

説明

BlockPath

ログ記録されたデータ ストアの Data Store Memory ブロックの位置

DSMWriterBlockPaths

データ ストアに書き込む Data Store Write ブロックの位置

DSMWriters

個々の信号値の Data Store Write ブロック

Name

データ ストア データセットの名前

Scope

データ ストアのスコープ: 'local' または 'global'

Values

ログが記録された日時

プロパティ

BlockPath

説明

ログが記録されたデータ ストアの Data Store Memory ブロックの位置です。

データ型

文字列

アクセス

RW

DSMWriterBlockPaths

説明

データ ストアに書き込むブロックの位置です。配列の各要素は、1 つのWriter ブロックの完全なブロック パスを含んでいます。

データ型

Simulink.SimulationData.BlockPath オブジェクトのベクトル

アクセス

RO

DSMWriters

説明

データ ストアの書き込み数です。

DSMWriters の 第 n 要素は、Values に対する n 番目の書き込みを行った Writer のブロック パスを格納した DSMWriterBLockPaths の要素のインデックスを含みます。

データ型

整数ベクトル

アクセス

RO

名前

説明

データ ストア データセットの名前

データ型

文字列

アクセス

RO

スコープ

説明

データ ストアのスコープ: 'local' または 'global'

データ型

文字列

アクセス

RW

説明

ログが記録された日時

データ型

MATLAB® timeseries

アクセス

RW

この情報は役に立ちましたか?