ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.setRunNamingRule

実行の命名規則を指定

構文

  • Simulink.sdi.setRunNamingRule(rule)

説明

Simulink.sdi.setRunNamingRule(rule) は、シミュレーション データ インスペクターにおける実行の名前付けのテンプレートを指定します。

すべて折りたたむ

Simulink.sdi.setRunNamingRule(...
   'Run <run_index> : <model_name> : <sim_mode>');

実行が記録されると、シミュレーション データ インスペクターの信号ブラウザー テーブルに、名前とともに実行が以下のように表示されます。

Run 1 : slexAircraftExample : normal

関連する例

入力引数

すべて折りたたむ

実行名テンプレートの作成に使用する、事前定義されたトークンおよび通常文字からなる文字列。使用可能なトークンは次のとおりです。

  • <run_index> — 各実行の連続番号

  • <model_name> — モデルの名前

  • <time_stamp> — 実行が作成された時間

  • <sim_mode> — 実行が記録されたときのシミュレーション モード

トークンは文字列内に含まれています。以下に例を示します。

Simulink.sdi.setRunNamingRule('Run <run_index> : <model_name>');

代替方法

シミュレーション データ インスペクターの [可視化] タブで、[実行オプション] をクリックします。ダイアログ ボックスで、[実行の命名規則] ボックスに文字列を入力します。

R2011b で導入

この情報は役に立ちましたか?