ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.Run クラス

パッケージ: Simulink.sdi

シミュレーション実行の信号データおよびメタデータを管理

説明

Simulink.sdi.Run オブジェクトには 1 つのシミュレーション実行の信号情報があり、信号データ、実行 ID、実行内の信号の総数が含まれています。

構築

Simulink.sdi.Run オブジェクトは関数 Simulink.sdi.createRun で作成されます。

プロパティ

すべて展開する

実行の日時。datetime オブジェクトとして格納されます。

実行の説明。文字列として指定します。既定値は空の文字列です。

実行を識別する一意の番号。整数として格納されます。

実行の名前。文字列として指定します。既定値は空の文字列です。

実行内の信号の数。整数として格納されます。

分類、識別またはこの実行に他の情報を付加するためのタグ。文字列として指定します。既定値は空の文字列です。

メソッド

getSignal信号 ID で指定した Simulink.sdi.Signal オブジェクトを返す
getSignalByIndexインデックスで指定した Simulink.sdi.Signal オブジェクトを返す
getSignalIDByIndex配列インデックスにある信号 ID を返す
isValidSignalID信号 ID が実行内で有効かどうかを判定

すべて展開する

Simulink.sdi.Run オブジェクトにはそれぞれのログ信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトが含まれています。この例ではベース ワークスペースにあるシミュレーション データから実行を作成します。シミュレーション データ インスペクターから Simulink.sdi.Run オブジェクトにアクセスする方法を示します。表示する信号を選択してからシミュレーション データ インスペクター ツールを開いてそれらの信号を調べることができます。

% Configure model "slexAircraftExample" for logging and simulate
simOut = sim('slexAircraftExample','SaveOutput','on',...
                  'SaveFormat','StructureWithTime',...
                  'ReturnWorkspaceOutputs','on');

% Create a Simulation Data Inspector run, Simulink.sdi.Run,
% from simOut in the base workspace
runID = Simulink.sdi.createRun('My Run','base',{'simOut'});

% Get the handle to the run object, Simulink.sdi.Run,
% corresponding to the new run ID
runObj = Simulink.sdi.getRun(runID);

% Get the name of the run
runName = runObj.name;

% Get number of signals
numSignals = runObj.signalCount;

% To view the all of the signals in the run, select each signal
% in the run by setting the checked property to 'true'
for i=1:numSignals
		signalObj = runObj.getSignalByIndex(i);
		signalObj.checked = true;
end

% Open the Simulation Data Inspector to inspect the selected signals.
Simulink.sdi.view;

関連する例

R2012b で導入

この情報は役に立ちましたか?