ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.refresh

シミュレーション データ インスペクターの更新

構文

  • Simulink.sdi.refresh

説明

Simulink.sdi.refresh はシミュレーション データ インスペクター リポジトリとツールを更新します。

すべて折りたたむ

この例では、parfor ループで並列シミュレーションを実行して、シミュレーション データ インスペクターでそれぞれの実行を記録する方法を示します。

シミュレーション データ インスペクターを開きます。

Simulink.sdi.view;

モデルを読み込みます。

mdl = 'sldemo_absbrake';
load_system(mdl);

信号をシミュレーション データ インスペクターに記録します。

set_param(mdl,'InspectSignalLogs','on');

4 つのワーカーをもつ並列プールを起動します。

myPool = parpool(4);

parfor ループでシミュレーションを実行します。

parfor idx = 1:4
   % Run the simulation
   simOut = sim(mdl,'SaveOutput','on',...
                'SaveFormat','StructureWithTime',...
                'ReturnWorkspaceOutputs','on');
   % Create a simulation run in the Simulation Data Inspector
   Simulink.sdi.createRun(['Run' num2str(idx)],'namevalue',...
                          {'simout'},{simOut});
end

現在の並列プールを削除し、モデルを閉じます。

delete(myPool);
bdclose all;

並列プールからシミュレーション データ インスペクターにデータをインポートします。

Simulink.sdi.importDataFromPriorSessions;

関連する例

R2012a で導入

この情報は役に立ちましたか?