ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BlockPortData

ブロックの入力端子または出力端子を記述

説明

このクラスは、ブロックの端子に関する実行時の情報を提供するオブジェクトに共通するプロパティを定義します。

プロパティのまとめ

名前

説明

IsBus

この端子がバスに接続されている場合は true。

IsSampleHit

この端子が現在のシミュレーション タイム ステップで、出力を生成するか、あるいは入力を受け取る場合は true。

SampleTime

この端子のサンプル時間。

SampleTimeIndex

この端子のサンプル時間インデックス。

SamplingMode

端子のサンプリング モード。

プロパティ

IsBus

説明

この端子がバスに接続されている場合は true。

データ型

boolean

アクセス

RO

IsSampleHit

説明

この端子が現在のシミュレーション タイム ステップで、出力を生成するか、あるいは入力を受け取る場合は true。

データ型

boolean

アクセス

RO

SampleTime

説明

この端子のサンプル時間。

データ型

[period offset]。ここで periodoffset は、double 型の値です。詳細は、「 サンプル時間の指定」を参照してください。

アクセス

MATLAB® の S-Function に対して RW、他のブロックに対して RO

SampleTimeIndex

説明

この端子のサンプル時間インデックス。

データ型

integer

アクセス

RO

SamplingMode

説明

端子のサンプリング モード。有効な値は次のとおりです。

説明

'frame'

端子は、フレームベース信号を受け取るか出力します。フレームベース信号を使用するには、DSP System Toolbox™ ライセンスが必要です。

'inherited'

サンプリング モードは、この端子が接続されている端子から継承されます。

'sample'

端子は、サンプリングされたデータを受け取るか出力します。

データ型

文字列

アクセス

MATLAB の S-Function に対して RW、他のブロックに対して RO

この情報は役に立ちましたか?