ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BlockDiagram.getInitialState

ブロック線図の初期状態構造体を返す

構文

x0 = Simulink.BlockDiagram.getInitialState('model')

説明

x0 = Simulink.BlockDiagram.getInitialState('model') は、入力引数 model で指定されたブロック線図の初期状態構造体を返します。この状態構造体は、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの初期状態ベクトルを指定するため、または線形化コマンドに初期状態条件を与えるために使うことができます。

コマンドは以下の形式の構造体 x0 を返します。

time: 0
signals: [1xn struct]

ここで、n は、Model ブロックによって参照されるモデルを含むモデル内の状態数です。signals フィールドは、以下の形式の構造体です。

values: [1xm double]
dimensions: [1x1 double]
label: [char array]
blockName: [char array]
inReferencedModel: [bool]
sampleTime: [1x2 double]

  • values — 長さ m の数値配列。m は信号内の状態数。

  • dimensionsvalues ベクトルの長さ。

  • label — 状態が連続 (CSTATE) または離散であることの識別。状態が離散の場合は、次のようになります。

    離散状態名は S-Function ブロックに表示されます。

    離散状態名は、独自の名前を離散状態に割り当てる組み込みブロックに表示されます。

    DSTATE が他のすべての場合で使われます。

  • blockName — 状態に関連するブロックの絶対パス。

  • inReferencedModel — その状態が Model ブロックによって参照されるモデルに起因するもの (1) か、最上位モデルに起因するもの (0) かを示します。

  • sampleTime — その状態のブロックのサンプル時間とオフセットを含む配列。

状態構造体の利用により、複数状態をもつモデルに対して初期状態値を指定するのが容易になります。これは、各状態が親ブロックの絶対パスに対応するためです。

参考

R2006b で導入

この情報は役に立ちましたか?