ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BlockCompDworkData

ブロックの Dwork ベクトルに関するコンパイル後の情報を提供する

説明

Simulink® は、ブロックを含むモデルがコンパイルされた後、MATLAB® プログラム、たとえば Level-2 MATLAB S-Function が、ブロックのランタイム オブジェクトのDworkメソッドを呼び出すときに、このクラスのインスタンスを返します。

なし

プロパティのまとめ

名前

説明

使用方法この DWork ベクトルのタイプの使用。

UsedAsDiscState

この DWork ベクトルが、ブロックの離散状態の値を格納するために使用されている場合は true。

プロパティ

使用方法

説明

この DWork ベクトルがどのように使用されるかを示す文字列を返します。可能な値は次のとおりです。

  • DWork

  • DState

  • Scratch

  • Mode

データ型

文字列

アクセス

MATLAB の S-Function ブロックに対して RW、他のブロックに対して RO

UsedAsDiscState

説明

この DWork ベクトルが、ブロックの離散状態の値を格納するために使用されている場合は true。

データ型

boolean

アクセス

MATLAB の S-Function ブロックに対して RW、他のブロックに対して RO

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?