ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Relational Operator

指定した比較演算を入力に適用

ライブラリ

Logic and Bit Operations

説明

2 入力モード

既定の設定では、Relational Operator ブロックは指定された [関係演算子] パラメーターを使用して 2 つの入力を比較します。最初の入力が一番上の入力端子に対応し、2 番目の入力が一番下の入力端子に対応します (可変のブロック方向に対する端子の順番の概要は、Simulink® ドキュメンテーションの「ブロックの回転方法」を参照してください)。

2 入力モードでは次のいずれかの操作を指定できます。

演算説明

==

最初の入力が 2 番目の入力と等しければ TRUE

~=

最初の入力が 2 番目の入力と等しくなければ TRUE

<

最初の入力が 2 番目の入力より小さければ TRUE

<=

最初の入力が 2 番目の入力以下であれば TRUE

>=

最初の入力が 2 番目の入力以上であれば TRUE

>

最初の入力が 2 番目の入力より大きければ TRUE

入力は、スカラー、配列、またはスカラーと配列の組み合わせで指定することができます。

対象出力
スカラー入力スカラー
配列入力同じ次元の配列入力の場合、各要素は入力配列の要素単位の比較の結果となります。
スカラーと配列が混在する入力出力は配列です。この場合の各要素は、スカラーと対応する配列要素との間の比較の結果です。

より小さな正の値域にある入力は、最近傍の丸めおよび飽和を使用して、他の入力オフラインのデータ型に変換されます。この変換は、比較を行う前に実行されます。

[出力データ型] パラメーターを使用して出力データ型を指定できます。出力は、TRUE の場合 1 に等しく、FALSE の場合 0 に等しくなります。

    ヒント:   正確にゼロを表す出力データ型を選択します。この条件を満たすデータ型には、符号付きおよび符号なし整数と任意の浮動小数点データ型が含まれます。

1 入力モード

[関係演算子] に次の操作の 1 つを選択すると、ブロックは 1 入力モードに切り替わります。

演算説明

isInf

入力が Inf の場合は TRUE

isNaN

入力が NaN の場合は TRUE

isFinite

入力が finite の場合は TRUE

浮動小数点ではない入力の場合、ブロックでは次の出力が生成されます。

データ型演算ブロック出力
  • 固定小数点

  • boolean

  • 組み込み整数

isInf

FALSE

isNaN

FALSE

isFinite

TRUE

データ型の伝播の規則

次の規則は、ブロックの 1 つまたは複数の入力端子でデータ型が指定されていない場合にデータ型の伝播に適用されます。

ブロックのモードそれに伴う処理適用される規則
2 入力モード両方の入力端子ともデータ型が指定されていない場合両方の入力の既定のデータ型として double を使用します
片方の入力端子のデータ型が指定されていない場合もう一方の既定のデータ型として、指定された入力端子のデータ型を使用します
1 入力モード入力端子のデータ型が指定されていない場合入力の既定のデータ型として double を使用します

サポートするデータ型

Relational Operator ブロックは、Simulink がサポートするすべてのデータ型 (固定小数点データ型および列挙型データを含む) の実数および複素数信号を受け入れます。2 入力モードでは、演算子が == または ~= の場合、1 つの入力が実数でもう一方が複素数でもかまいません。複素数入力は、==~=isInfisNaN、および isFinite に対してのみ動作します。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

[Relational Operator ブロック] ダイアログ ボックスの [メイン] ペインは、次のように表示されます。

[Relational Operator ブロック] ダイアログ ボックスの [データ型] ペインは、次のように表示されます。

データ型アシスタントを表示

[データ型アシスタント] を表示します。

設定

[データ型アシスタント] を使用すると、[出力データ型] パラメーターを設定できます。

詳細は、「ブロックの出力データ型の指定」を参照してください。

関係演算子

2 つの入力を比較するか、1 つの入力の信号タイプを判断する操作を指定します。

設定

既定の設定: <=

==

最初の入力が 2 番目の入力と等しければ TRUE

~=

最初の入力が 2 番目の入力と等しくなければ TRUE

<

最初の入力が 2 番目の入力より小さければ TRUE

<=

最初の入力が 2 番目の入力以下であれば TRUE

>=

最初の入力が 2 番目の入力以上であれば TRUE

>

最初の入力が 2 番目の入力より大きければ TRUE

isInf

入力が Inf の場合は TRUE

isNaN

入力が NaN の場合は TRUE

isFinite

入力が finite の場合は TRUE

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

ゼロクロッシング検出を有効にする

ゼロクロッシング検出を有効にする場合は選択します。詳細は、「ゼロクロッシング検出」を参照してください。

設定

既定の設定: オン

オン

ゼロクロッシング検出を有効にします。

オフ

ゼロクロッシング検出を無効にします。

コマンド ライン情報

パラメーター: ZeroCross
タイプ: 文字列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

サンプル時間 (継承は -1)

サンプル時間の離散間隔を入力します。あるいは、連続または継承などの他の適切なサンプル時間を指定します。

設定

既定の設定: -1

既定の設定では、ブロックはモデル内の前後関係に基づいてサンプル時間を継承します。他のサンプル時間を設定するには、「サンプル時間のタイプ」の表に基づいて有効なサンプル時間を入力します。

詳細は、オンライン ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

すべての入力が同じデータ型をもつ

すべての入力が同じデータ型をもつようにします。

設定

既定の設定: オフ

オン

すべての入力が同じデータ型をもつようにします。

オフ

すべての入力が同じデータ型をもつ必要はありません。

依存関係

このチェック ボックスは、[関係演算子] として isInfisNaN、または isFinite を選択した場合には使用できません。ブロックが 1 入力モードになるからです。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

出力データ型

出力データ型を指定します。

設定

既定の設定: boolean

[継承: 論理] (コンフィギュレーション パラメーターの最適化を参照)

[boolean データとして論理信号を処理] コンフィギュレーション パラメーターを使用して、出力データ型を指定します (「boolean データ (対 double) として論理信号を処理 」を参照)。

    メモ:   このオプションで、boolean オプションが使用可能になる前に作成されたモデルがサポートされます。新しいモデルに対しては、他のオプションのいずれか、できれば [boolean] を使用してください。

[boolean]

出力データ型が boolean になるように指定します。

[fixdt(1,16)]

出力データ型が fixdt(1,16) になるように指定します。

[<data type expression>]

データ型オブジェクト名を使用します。たとえば、Simulink.NumericType などです。

    ヒント:   組み込みデータ型 (doublesingleint8uint8int16uint16int32、または uint32) を入力するには、式を単一引用符で囲みます。たとえば、「double」ではなく、「'double'」と入力します。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

モード

指定するデータのカテゴリを選択します。

設定

既定の設定: 組み込み

継承

データ型の継承ルールを指定します。[継承] を選択すると、[論理 (コンフィギュレーション パラメーターの最適化を参照)] が有効になります。

組み込み

組み込みデータ型を指定します。[組み込み] を選択すると、[boolean] が有効になります。

固定小数点

固定小数点データ型を指定します。

データ型を評価する式を指定します。

依存関係

[データ型アシスタントを表示] ボタンをクリックすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

データ型オーバーライド

この信号のデータ型オーバーライド モードを指定します。

設定

既定の設定: [継承]

[継承]

コンテキストからデータ型オーバーライド設定を継承します。コンテキストとはブロックのことで、信号を使用している Simulink の Simulink.Signal オブジェクトまたは Stateflow® チャートです。

[オフ]

コンテキストのデータ型オーバーライド設定を無視し、信号に対して指定された固定小数点データ型を使用します。

ヒント

個々のデータ型に対してデータ型オーバーライドをオフにする機能により、データ型オーバーライドを適用する際に、モデル内のデータ型をさらに効果的に制御できます。たとえば、このオプションを使用すると、データ型オーバーライド設定にかかわらず、データ型が下流ブロックの要件を満たすことを確認できます。

依存関係

このパラメーターは、[モード][組み込み] または [固定小数点] の場合にのみ表示されます。

符号付き/なし

固定小数点データを符号付きにするか、符号なしにするかを指定します。

設定

既定の設定: [符号付き]

[符号付き]

符号付き固定小数点データを指定します。

[符号なし]

符号なし固定小数点データを指定します。

依存関係

[モード][固定小数点] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

語長

量子化された整数をもつ語のビット サイズを指定します。

設定

既定の設定: 16

最小値: 0

最大値: 32

依存関係

[モード][固定小数点] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

スケーリング

オーバーフローを避け、量子化誤差を最小限に抑えるための固定小数点データのスケーリング方法を指定します。

設定

既定の設定: 整数

整数

整数を指定します。この設定は 2 進小数点の位置を指定し、小数部の長さを 0 に設定した場合と同じ結果になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

sldemo_fuelsyssldemo_fuelsys モデルでは、fuel_rate_control/airflow_calc サブシステムは 2 つの Relational Operator ブロックを使用します。

Relational Operator ブロックはともに 2 入力モードで動作します。

この演算子を使用するブロック比較
<=酸素センサーの値をしきい値 0.5 と比較
==燃料モードの値を理想値 sld_FuelModes.LOW と比較

特性

直接フィードスルー

あり

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

あり、入力について

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

有効な場合、あり

この情報は役に立ちましたか?