ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Real-Imag to Complex

実数の入力および虚数の入力を、複素数値の信号に変換

ライブラリ

Math Operations

説明

Real-Imag to Complex ブロックは、実数の入力および虚数の入力を複素数値の出力信号に変換します。

入力は、双方とも等しいサイズをもつ配列 (ベクトルあるいは行列) である場合もあれば、1 つの入力が配列であり、もう 1 つがスカラーであることもあります。ブロックが配列の入力をもつ場合、出力は同じサイズの複素数配列です。実数入力の要素は、対応する複素数出力の要素の実数部に写像されます。虚数入力は、複素数出力信号の虚数部に同様に写像されます。1 つの入力がスカラーの場合、すべての複素数出力信号の対応する成分 (実数または虚数) に写像されます。

サポートするデータ型

このブロックは、以下のデータ型の入力信号を受け入れます。

  • 浮動小数点

  • 組み込み整数

  • 固定小数点

複素数の固定小数点信号には自明の勾配とゼロ バイアスがなければなりません。固定小数点データ型のサポートの詳細は、Fixed-Point Designer™ ドキュメンテーションの「スケーリング」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

入力

入力の種類 (実数入力、虚数入力、またはこれらの両方) を指定します。

実 (虚) 部

このパラメーターは、[入力][実数部] または [虚数部] に設定されている場合にのみ表示されます。入力が実数信号である場合、このパラメーターは出力信号の一定の虚数部を指定します。入力が虚数部である場合、このパラメーターは、出力信号の一定の実数部を指定します。このパラメーターのタイトルは、用法に応じて変わります。

サンプル時間 (継承は -1)

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、オンライン ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

特性

直接フィードスルー

あり

サンプル時間

駆動ブロックから継承

スカラー拡張

あり、関数が 2 つ入力を必要とする場合

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

いいえ

この情報は役に立ちましたか?