ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Random Number

正規分布された乱数の生成

ライブラリ

Sources

説明

Random Number ブロックは、正規分布する乱数を生成します。一様に分布した乱数を生成するには、Uniform Random Number ブロックを使用してください。

シーケンスは繰り返し可能で、同じシードとパラメーターを有する任意の Random Number ブロックを使って生成できます。シミュレーションが開始されるとその都度、指定した値にシードがリセットされます。既定の設定では、ブロックは平均 0、分散 1 のシーケンスを生成します。同じ平均と分散を有する乱数ベクトルを生成するには、[シード] パラメーターをベクトルとして指定します。

ソルバーは、比較的に滑らかな信号を積分しなければならないので、乱数信号を積分することは避けてください。代わりに、Band-Limited White Noise ブロックを使用してください。

スカラー拡張後、このブロックの数値パラメーターは同じ次元のパラメーターでなければなりません。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] チェック ボックスをオンにし、数値パラメーターがスカラー拡張後に行ベクトルまたは列ベクトルの場合、このブロックは 1 次元信号を出力します。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] チェック ボックスをオフにすると、ブロックはパラメーターと同じ次元数の信号を出力します。

サポートするデータ型

Random Number ブロックは、double タイプの実数信号を出力します。詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

平均

乱数の平均を指定します。既定の設定は 0 です。

分散

乱数の分散を指定します。既定の設定は 1 です。

シード

乱数発生器に対するシードを指定します。既定の設定は 0 です。

このシードは 0 または正の整数でなければなりません。出力は与えられたシードに対して繰り返し可能です。

サンプル時間

サンプルの時間間隔を指定します。既定の設定は 0.1 で、Band-Limited White Noise ブロックの既定のサンプル時間に一致します。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

このチェック ボックスをオンにし、他のパラメーターがスカラー拡張後に行ベクトルまたは列ベクトルの場合、このブロックは 1 次元信号を出力します。そうでない場合、ブロックは他のパラメーターと同じ次元の信号を出力します。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「ソース ブロックの出力の次元の決定」を参照してください。

特性

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

あり、パラメーターによる

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

アルゴリズム

mcg16807、乗算合同法発生器

発生器アルゴリズムは MATLAB Version 4.0 で関数 rand および randn が使用していた発生器と同じです。mcg16807 アルゴリズムの詳細は、MATLAB® ドキュメンテーションの「 乱数発生器の選択」を参照してください。

Simulink モデルで MATLAB によってサポートされている別のアルゴリズムを使用するには、MATLAB で乱数のストリームを生成して、出力を .mat ファイルとして保存します。この .mat ファイルをシミュレーションへの乱数入力として使用します。詳細は、「乱数ストリームの作成と管理」を参照してください。MATLAB を使用して複数の独立したストリームを作成するには、「複数のストリーム」を参照してください。

    メモ:    発生器アルゴリズム用に複数のシードを使用して複数の独立した並列ストリームを生成することは mcg16807 アルゴリズムの場合には推奨されていません。代わりに、前述の方法を使用します。

この情報は役に立ちましたか?