ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Polynomial

入力値に対する多項式係数を評価する

ライブラリ

Math Operations

説明

MATLAB® polyval コマンドによって受け入れられる形式の多項式係数のセットを定義します。入力 u について、各タイム ステップで P(u) が評価されます。入力と係数は実数でなければなりません。

サポートするデータ型

Polynomial ブロックは、double または single タイプの実数信号を受け入れます。[多項式係数] パラメーターは入力と同じタイプでなければなりません。出力のデータ型は、入力のデータ型と同じです。

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

多項式係数

MATLAB polyval 形式で多項式係数を指定します。最初の係数は xN と対応し、残りの係数は降順の x に対応します。最後の係数は多項式の定数を表します。詳細は、MATLAB ドキュメンテーションの関数 polyval を参照してください。

sldemo_boilersldemo_boiler モデルは、Polynomial ブロックの使用方法を示します。

Boiler Plant model/digital thermometer サブシステムでは、Polynomial ブロックは係数 [0.05 0.75] を使用して 1 次多項式をモデル化します。

詳細は、モデルの説明モデルの説明を参照してください。

特性

直接フィードスルー

はい

サンプル時間

駆動ブロックから継承

スカラー拡張

いいえ

離散化

はい

多次元化

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

この情報は役に立ちましたか?