ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.system.StringSet クラス

パッケージ: matlab.system

一連の有効な文字列値

説明

matlab.system.StringSet は、プロパティとして有効な文字列値のリストを定義します。このクラスはプロパティの文字列を検証し、プロパティ値のタブ補完を可能にします。"StringSet" は、プロパティの値として事前定義またはカスタマイズした文字列のみを許可します。

StringSet は 2 つのリンクされたプロパティを使用しており、これらのプロパティは同じクラスで定義しなければなりません。1 つは現在の文字列値を含むパブリック プロパティです。このパブリック プロパティはユーザーに表示されます。もう一方のプロパティは、可能なすべての文字列値のリストを含む非表示のプロパティです。また、この非表示のプロパティには過渡属性をもたせて、System object™ の保存時に値がディスクに保存されないようにします。

StringSets を使用する際には次の点を考慮します。

  • 現在の文字列を保持する文字列プロパティは任意の名前をもつことができます。

  • StringSet を保持するプロパティには、文字列プロパティの名前の末尾に "Set" を付加した名前を使用しなければなりません。文字列セットのプロパティは、matlab.system.StringSet クラスのインスタンスです。

  • StringSet で定義される有効な文字列は、セル配列を使用して宣言しなければなりません。このセル配列を空にしたり、そこに空の文字列を含めることはできません。有効な文字列は大文字と小文字の区別無く一意に定まらなければなりません。

  • 文字列のプロパティは有効な StringSet の値に設定しなければなりません。

すべて折りたたむ

文字列プロパティ値の設定

クラス定義ファイルで、文字列プロパティ Flavor および StringSet プロパティ FlavorSet を設定します。

properties
  Flavor = 'Chocolate';
end

properties (Hidden,Transient)
  FlavorSet = ...
    matlab.system.StringSet({'Vanilla','Chocolate'});
end
この情報は役に立ちましたか?