ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.system.display.Section クラス

パッケージ: matlab.system.display

System object のプロパティ グループ セクション

構文

matlab.system.display.Section(N1,V1,...Nn,Vn)
matlab.system.display.Section(Obj,...)

説明

matlab.system.display.Section(N1,V1,...Nn,Vn) は、System object™ プロパティを表示するためのプロパティ グループ セクションを作成します。このプロパティは プロパティの名前と値のペア (N,V) を使って定義します。getPropertyGroupsImpl メソッドを使ってプロパティ グループを定義するには、matlab.system.display.Section を使用します。使用可能なセクション プロパティは次のとおりです。

  • Title — セクション タイトルの文字列。既定値は空の文字列です。

  • TitleSource — セクション タイトル文字列のソース。有効な値は 'Property' および 'Auto' です。既定値は 'Property' です。この値は、Title プロパティからの文字列を使用します。Obj という名前を指定した場合、既定値は Auto で、Obj の名前を使用します。

  • Description — セクションの説明の文字列。既定値は空の文字列です。

  • PropertyList — プロパティ名のセル配列としてのセクション プロパティ リスト。既定値は空の配列です。Obj 名を指定した場合、既定値はすべての有効な表示プロパティです。

      メモ:   特定のプロパティは、ダイアログ ボックスでも、コマンド ラインの System object 概要でも表示されません。表示できないプロパティ タイプは、非表示、抽象、プライベートまたは保護されたアクセス、離散状態および連続状態です。依存プロパティはダイアログ ボックスには表示されませんが、コマンド ラインの概要には表示されます。

matlab.system.display.Section(Obj,...) は、指定された System object (Obj) のプロパティ グループ セクションを作成し、次のプロパティ値を設定します。

  • TitleSource'Auto' に設定します。これは Obj 名を使用します。

  • PropertyListObj 内でパブリックに使用できるすべてのプロパティを設定します。

このメソッド内から mfilename('class') を使用して System object の名前を取得することができます。任意の名前と値のペアを設定した場合、そのプロパティ値は既定の設定をオーバーライドします。

メソッド

すべて折りたたむ

プロパティ グループの定義

タイトルとプロパティのリストを指定することで、クラス定義ファイルで 2 つのプロパティ グループを定義します。

 methods (Static, Access = protected)
    function groups = getPropertyGroupsImpl
       valueGroup = matlab.system.display.Section(...
            'Title','Value parameters',...
            'PropertyList',{'StartValue','EndValue'});
 
       thresholdGroup = matlab.system.display.Section(...
            'Title','Threshold parameters',...
            'PropertyList',{'Threshold','UseThreshold'});
       groups = [valueGroup,thresholdGroup];
    end
 end

MATLAB System ブロックで System object を指定すると、生成されるダイアログ ボックスは次のように表示されます。

この情報は役に立ちましたか?