ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Inport

サブシステムの入力端子、または外部入力を作成

ライブラリ

Ports & Subsystems, Sources

説明

Inport ブロックは、システム外部からシステム内部へのリンクです。

Simulink® は、以下のルールに従って Inport ブロックの端子番号を割り当てます。

  • 最上位システム内またはサブシステム内の Inport ブロックに自動的に 1 から順番に番号を付けます。

  • Inport ブロックを追加する場合、ラベルは使用可能な次の番号になります。

  • Inport ブロックを削除する場合、端子番号が省略されることなく Inport ブロックが順番どおり並ぶように、他の端子番号に番号が自動的に再度付けられます。

  • Inport ブロックをシステムにコピーする場合、そのブロックの現在の端子番号がシステム内に既に存在する Inport ブロックと矛盾していなければ、そのブロックの端子番号の再番号付けは行われません。コピーされた Inport ブロック端子番号が連番になっていない場合は、ブロックに再度番号を付けます。それ以外の場合は、シミュレーションの実行時またはブロック線図の更新時にエラー メッセージが表示されます。

Inport ブロックへの入力の次元は、[端子の次元] パラメーターを使用して指定できます。値 -1 を入力すると、Simulink で端子の次元が決定されます。

サンプル時間 パラメーターは、信号がシステムに入ってくるレートです。値 -1 を指定すると、ブロックはそのブロックを駆動しているブロックからサンプル時間を継承します。このパラメーターの設定は、以下の場合に必要になります。

  • 最上位システムの Inport ブロック

  • Inport ブロックを駆動するが、Simulink でサンプル時間を決定できないブロックを含むモデル。

詳細は、「サンプル時間の指定」を参照してください。

最上位システムの Inport ブロック

最上位システムの Inport ブロックには、以下の 2 つの用途があります。

  • ワークスペースから外部入力を供給するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックス (「信号読み込みの手法の比較」を参照) または sim コマンド (sim を参照) の ut 引数を使用して、入力を指定します。外部出力が指定されていない場合は、既定の出力はグラウンド値です。

  • 解析関数 linmod および trim でモデルの摂動を与えるには、Inport ブロックを使用して、システムに入力を与えます。

サブシステムの Inport ブロック

サブシステムの Inport ブロックは、サブシステムへの入力を表します。Subsystem ブロック上の入力端子に接続されている信号は、そのサブシステムの対応する Inport ブロックから出ていきます。Subsystem ブロック上の入力端子に対応する Inport ブロックは、端子番号 パラメーターが Subsystem ブロック上の入力端子の相対位置に対応しているブロックです。たとえば、端子番号 パラメーターが 1 に等しい Inport ブロックは、その信号を Subsystem ブロックの一番上の端子に連結しているブロックから取得します。

Inport ブロックの 端子番号 に関して再番号付けを行うと、そのブロックは異なる入力端子に関連付けられますが、サブシステム外部の同じブロックからの信号が接続されたまま残ります。

Inport ブロック名は、端子ラベルとして Subsystem アイコンに表示されます。そのラベルが表示されないようにするには、Inport ブロックを選択してから、[書式][ブロック名の非表示] を選択します。

サブシステム内の Inport ブロックは、「信号ラベルの伝播」をサポートしますが、ルートレベルの Inport ブロックはサポートしません。

Subsystem Inport を使用すると、固定小数点データを構造体またはその他の形式で取得できます。

重複するインポートの作成

Inport ブロックのコピーは何個でも作成することができます。ブロック線図は、コピーすることにより不必要なラインが除かれ、元の意図に沿って単純化されます。コピーは、オリジナルと同じ端子番号、プロパティ、出力をもちます。コピーのプロパティを変更すると、オリジナルのプロパティが変更されます。その逆も同様です。

Inport ブロックのコピーを作成するには、以下のようにします。

  1. ブロック線図で、コピーするブロックを選択します。

  2. モデル エディターの [編集][コピー] を選択します。

  3. ブロック線図内でコピーを配置する場所にカーソルを置きます。

  4. [編集][重複する Inport の貼り付け] を選択します。

ルートレベルの Inport へのバスの接続

モデルのルート レベルの Inport でバス信号を生成する場合、[データ型] パラメーターを Inport で生成されるバスを定義するバス オブジェクト名に設定しなければなりません。詳細は、「バス オブジェクト」を参照してください。

サポートするデータ型

Inport ブロックは、固定小数点データ型と列挙型データも含め、Simulink がサポートする任意のデータ型の実数信号または複素数信号を受け入れます。また、Inport ブロックは、バス オブジェクトもデータ型として受け入れます。

    メモ:   このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最小値および最大値を設定しないでください。Simulink はこれらの設定を無視します。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最小値と最大値を設定してください。値は有限の実数で double のスカラー値にする必要があります。

    バス要素の最小および最大プロパティの詳細は、Simulink.BusElement を参照してください。

詳細は、「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

ブロックの出力の数値タイプとデータ型は、そのブロックの入力の数値タイプとデータ型と同じです。[信号タイプ][データ型][サンプリング モード] パラメーターを使って、ルート レベルの Inport ブロックへの外部入力の信号タイプ、データ型、サンプリング モードを指定できます。

ルート レベルの Inport ブロックに連結している信号配列の要素は、同じ数値タイプとデータ型で構成されていなければなりません。サブシステムの入力端子に連結している信号要素は、以下の環境にある場合を除き、異なる数値タイプとデータ型で構成されていてもかまいません。その環境とは、サブシステムが Enable ブロック、Trigger ブロック、または Atomic Subsystem ブロックを含んでおり、さらに、入力端子または入力端子の要素が出力端子に直接連結している場合で、このとき入力要素は同じ要素で構成されていなければなりません。たとえば、以下の Enabled Subsystem について考察します。

この例では、In1 に連結している信号ベクトルの要素は同じタイプで構成されていなければなりません。ただし、In2 に連結している要素は異なるタイプで構成されていてもかまいません。

パラメーターとダイアログ ボックス

[Inport ブロック] ダイアログ ボックスの [メイン] ペインは、次のように表示されます。

Inport ブロック ダイアログ ボックスの [信号属性] ペインは、次のように表示されます。

端子番号

ブロックの端子番号を指定します。

設定

既定の設定: 1

このパラメーターは、ブロックに対応する端子が親サブシステムまたは Model ブロックに現れる順序を制御します。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

アイコン表示

入力端子のアイコン上に表示される情報を指定します。

設定

既定の設定: 端子番号

信号名

端子に連結している信号 (入力がバスの場合は複数の信号) の名前を表示します。

端子番号

端子の端子番号を表示します。

端子番号と信号名

端子番号と端子に連結している信号の名前の両方を表示します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

外部信号を遅延して入力をラッチ

前のタイム ステップでの入力信号の値を出力します。

設定

既定の設定: [オフ]

オン

前のタイム ステップでの入力信号の値を出力します。

オフ

前のタイム ステップでの入力信号の値を出力しません。

ヒント

  • このオプションは、Triggered Subsystem にのみ適用され、Inport ブロックが Triggered Subsystem 内にある場合に限り有効です。

  • このチェック ボックスをオンにすると、Simulink はループの一部である Triggered Subsystem でのデータの依存性を解決できます。

  • Triggered Subsystem と共にラッチ入力を使って、MATLAB® プロンプトでたとえば「sl_subsys_semantics」と入力します。

  • Inport ブロックは、<Lo> を表示することによってこのオプションが選択されていることを示します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

Function-Call Subsystem 出力のフィードバック信号の入力をラッチする

入力の値をこのサブシステムにラッチして、サブシステムの実行中にこの値が変化しないようにします。複数の Function-Call Subsystem を呼び出すために分岐される 1 つの関数呼び出しの場合、これらの Function-Call Subsystem の 1 つから他の Function-Call Subsystem に供給された信号によって形成されたループをこのオプションで解消することができます。このオプションの 2 つ目の機能は、このサブシステムの実行時に呼び出される Function-Call Subsystem からのフィードバック信号の値の変化を防止することです。

設定

既定の設定: オフ

オン

入力値をラッチします。

オフ

入力値をラッチしません。

ヒント

  • このパラメーターは Function-Call Subsystem に対してのみ適用され、Inport ブロックが Function-Call Subsystem 内にある場合に限り有効です。

  • このパラメーターによって、サブシステムのコンテキスト内で生成される入力を含む、サブシステムの入力がサブシステム実行中に変更しないことが保証されます。

  • Inport ブロックは、<Li> を表示することによってこのオプションが選択されていることを示します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

データを内挿する

ワークスペースからデータを読み込む際、ブロックは対応するデータが存在しないタイム ステップで出力の線形内挿と線形外挿を行います。

ワークスペースから離散信号のデータを読み込むには、Inport ブロックのダイアログ ボックスで以下を行います。

  1. サンプル時間 パラメーターを離散値 (2 など) に設定します。

  2. [データを内挿する] パラメーターをオフにします。

離散サンプル時間を指定すると、シミュレーションのヒット時間が離散データがサンプリングされたときと正確に一致するようになります。指定する必要があるのはデータ値だけで、時間値を指定する必要はありません。

内挿をオフにすると、シミュレーションの他の時点で倍精度演算の処理によって予期しないデータ値が生成されることを回避できます。詳細は、「離散アルゴリズムをテストするためのデータのインポート」を参照してください。

設定

既定の設定:オン

オン

ワークスペースからデータを読み込む際、ブロックは対応するデータが存在しないタイム ステップで出力の線形内挿と線形外挿を行います。

オフ

ワークスペースからデータを読み込む際、ブロックは対応するデータが存在しないタイム ステップで出力の線形内挿と線形外挿を行いません。Simulink により、以下の線形内挿と線形外挿を行います。

  • 指定した最初のデータ点と最後のデータ点の間のタイム ステップ — ゼロ次ホールド

  • 指定した最初のデータ点の前および指定した最後のデータ点の後のタイム ステップ — グラウンド値

コマンド ライン情報

コマンド ライン情報は、「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

入力の接続

信号およびバス データのルートレベル Inport へのインポート、可視化およびマッピングを行うには、このボタンをクリックします。ルート Inport マッピング ツールが開きます。

依存関係

このボタンは、このブロックがルート Inport ブロックである場合にのみ表示されます。

関数呼び出しの出力

入力信号が関数呼び出しトリガー信号を出力していることを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

入力信号が関数呼び出しのトリガー信号になります。

オフ

入力信号が関数呼び出しのトリガー信号になりません。

ヒント

  • 最上位モデルで参照されたときに現在のモデルで関数呼び出しトリガー信号を受け入れる必要がある場合には、このオプションを選択します。

  • この機能は非同期関数呼び出しに限定されています。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

最小値

ブロックが出力する最小値を指定します。

設定

既定の設定: [] (指定なし)

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

    メモ:   このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最小値を設定しないでください。Simulink によりこの設定は無視されます。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最小値を設定してください。バス要素の最小値プロパティの詳細は、Simulink.BusElement を参照してください。

Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

コマンド ライン情報

コマンド ライン情報は、「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

最大値

ブロックが出力する最大値を指定します。

設定

既定の設定: [] (指定なし)

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

    メモ:   このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最大値を設定しないでください。Simulink によりこの設定は無視されます。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最大値を設定します。バス要素の最大プロパティの詳細は、Simulink.BusElement を参照してください。

Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

データ型

外部入力の出力データ型を指定します。

設定

既定の設定: Inherit: auto

Inherit: auto

データ型を継承するルールです。

double

データ型は double です。

single

データ型は single です。

int8

データ型は int8 です。

uint8

データ型は uint8 です。

int16

データ型は int16 です。

uint16

データ型は uint16 です。

int32

データ型は int32 です。

uint32

データ型は uint32 です。

boolean

データ型は boolean です。

fixdt(1,16,0)

データ型は固定小数点 fixdt(1,16,0) です。

fixdt(1,16,2^0,0)

データ型は固定小数点 fixdt(1,16,2^0,0) です。

Enum:<class name>

データ型は列挙型です。たとえば、Enum: Basic Colors などです。

Bus:<object name>

データ型はバス オブジェクトです。

<data type expression>

データ型オブジェクトの名前です。たとえば、Simulink.NumericType などです。

バス オブジェクトを式として指定しないでください。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

データ型アシスタントを表示

[データ型アシスタント] を表示します。

設定

[データ型アシスタント] を使用すると、[出力データ型] パラメーターを設定できます。

詳細は、「信号のデータ型の制御」を参照してください。

モード

指定するデータのカテゴリを選択します。

設定

既定の設定: 継承

継承

データ型の規則の継承。[継承] を選択すると、右側にある 2 番目のメニュー/テキスト ボックスが有効になります。

組み込み

組み込みのデータ型。[組み込み] を選択すると、右側にある 2 番目のメニュー/テキスト ボックスが有効になります。次の選択肢からいずれかを選択します。

  • double (既定の設定)

  • single

  • int8

  • uint8

  • int16

  • uint16

  • int32

  • uint32

  • boolean

固定小数点

固定小数点データ型。

列挙型

列挙型データ。[列挙型] を選択すると、右側から 2 番目のメニュー/テキスト ボックスが有効になります。そこにクラス名を入力することができます。

バス

バス オブジェクト。[バス] を選択すると、右側にある [バス オブジェクト] パラメーターが有効になり、バスの構造を定義するために使用するバス オブジェクトの名前を入力できます。バス オブジェクトを作成または変更する必要がある場合は、[バス オブジェクト] フィールドの右側にある [編集] をクリックして、Simulink バス エディターを開きます。バス エディターの詳細は、「バス エディターによるバス オブジェクトの管理」を参照してください。

データ型を評価する式。[式] を選択すると、右側から 2 番目のメニュー/テキスト ボックスが有効になります。そこに式を入力することができます。

バス オブジェクトを式として指定しないでください。

依存関係

[データ型アシスタントを表示] ボタンをクリックすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

データ型のオーバーライド

この信号のデータ型オーバーライド モードを指定します。

設定

既定の設定: 継承

継承

コンテキストからデータ型オーバーライド設定を継承します。コンテキストとはブロックのことで、信号を使用している Simulink の Simulink.Signal オブジェクトまたは Stateflow® チャートです。

オフ

コンテキストのデータ型オーバーライド設定を無視し、信号に対して指定された固定小数点データ型を使用します。

ヒント

個々のデータ型に対してデータ型オーバーライドをオフにする機能により、データ型オーバーライドを適用する際に、モデル内のデータ型をさらに効果的に制御できます。たとえば、このオプションを使用すると、データ型オーバーライド設定にかかわらず、データ型が下流ブロックの要件を満たすことを確認できます。

依存関係

このパラメーターは、[モード]組み込み または 固定小数点 の場合にのみ表示されます。

符号付き/なし

固定小数点データを符号付きにするか、符号なしにするかを指定します。

設定

既定の設定: 符号付き

符号付き

符号付き固定小数点データを指定します。

符号なし

符号なし固定小数点データを指定します。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

語長

量子化された整数をもつ語のビット サイズを指定します。

設定

既定の設定: 16

最小値: 0

最大値: 32

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

スケーリング

オーバーフローを避け、量子化誤差を最小限に抑えるための固定小数点データのスケーリング方法を指定します。

設定

既定の設定: 最高精度

2 進小数点

2 進小数点の位置を指定します。

勾配とバイアス

勾配とバイアスを入力します。

最高精度

最高精度値を指定します。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

[2 進小数点] を選択すると、以下が有効になります。

  • 小数部の長さ

  • 最高精度のスケーリングを計算

勾配とバイアス を選択すると、以下が有効になります。

  • 勾配

  • バイアス

  • 最高精度のスケーリングを計算

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

小数部の長さ

固定小数点データ型の小数部の長さを指定します。

設定

既定の設定: 0

2 進小数点は正または負の整数になります。

依存関係

[スケーリング][2 進小数点] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

勾配

固定小数点データ型の勾配を指定します。

設定

既定の設定: 2^0

任意の正の実数を指定します。

依存関係

[スケーリング]勾配とバイアス を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

バイアス

固定小数点データ型のバイアスを指定します。

設定

既定の設定: 0

任意の実数を指定します。

依存関係

[スケーリング]勾配とバイアス を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

非バーチャル バスとして出力

非バーチャルなバスを出力します。

設定

既定の設定: オフ

オン

非バーチャルなバスを出力します。

オフ

バーチャルなバスを出力します。

ヒント

  • 非バーチャル バスのすべての信号は、関連するバス オブジェクトの要素が継承されたサンプル時間を指定する場合でも、同じサンプル時間をもつ必要があります。この条件を満たさない非バーチャル バスになるバス演算は、エラーになります。参照モデルの場合、バスはシングルレートです。詳細については、「参照モデルへのマルチレート バスの接続」を参照してください。

  • モデル参照階層の最上位モデルでは、コードの生成によって、このブロックによるバス信号出力を表す C 構造体が作成されます。

  • 参照モデルでは、このオプションを選択して C 構造体を作成します。それ以外の場合は、コードの生成によって、参照モデルで使用されるバスの各リーフ要素の引数が作成されます。

依存関係

[データ型][Bus: <object name>] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーによる変更を避けるために、このブロックの出力データ型の設定をロックします。

設定

既定の設定: オフ

オン

このブロックの出力データ型設定をロックします。

オフ

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーがこのブロックの出力データ型の設定を変更できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: LockScale
タイプ: 文字列
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

参考

詳細は、「[出力データ型の設定をロックする] の使用」を参照してください。

単位 (m、m/s^2、N*m など)

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。

設定

既定の設定: inherit

単位を指定するには、テキスト ボックスに入力します。入力中、パラメーターには一致する可能性のある単位文字列が表示されます。サポートされる単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

単位系を制約するには、パラメーターの右側にあるリンクをクリックします。

  • Unit System Configuration ブロックがコンポーネントに存在する場合は、そのダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスを使用して、コンポーネントに対して許可される単位系と許可されない単位系を指定します。

  • Unit System Configuration ブロックがコンポーネントに存在しない場合は、モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスを使用して、モデルに対して許可される単位系と許可されない単位系を指定します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

端子の次元 (継承は -1)

ブロックへの入力信号の次元数を指定します。

設定

既定の設定: -1

有効な値は次のとおりです。

-1

次元数を入力信号から継承する

n

n のベクトル信号を受け入れる

[m n]

mn 列の行列信号を受け入れる

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

可変サイズの信号

この端子で許可される信号のタイプを指定します。

設定

既定の設定: 継承

継承

可変サイズの信号と固定サイズの信号を許可します。

いいえ

可変サイズの信号は許可しません。

[はい]

可変サイズの信号のみを許可します。

依存関係

この端子の信号が可変サイズの信号である場合、[端子の次元] パラメーターにより信号の最大次元が指定されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: VarSizeSig
タイプ: 文字列
値: 'Inherit'| 'No' | 'Yes'
既定の設定: 'Inherit'

サンプル時間 (継承は -1)

サンプルの時間間隔を指定します。

設定

既定の設定: -1

サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。

詳細は、オンライン ドキュメンテーションの「サンプル時間の指定」を参照してください。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

信号タイプ

外部入力の数値タイプを指定します。

設定

既定の設定: 自動

自動

数値タイプとして [実数] または [複素数] を受け入れます。

実数

数値タイプを実数値として指定します。

複素数

数値タイプを複素数値として指定します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

サンプリング モード

出力信号が サンプルベース または フレームベース であるかどうかを指定します。

設定

既定の設定: 自動

自動

任意のサンプリング モードが可能です。

サンプルベース

出力信号はサンプルベースです。

フレームベース

出力信号はフレームベースです。

依存関係

フレームベースの処理には、DSP System Toolbox™ のライセンスが必要になります。

詳細は、DSP System Toolbox ドキュメンテーションの「Sample- and Frame-Based Concepts」を参照してください。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

サンプル時間

サンプル時間パラメーターで指定

多次元信号

あり

可変サイズの信号

あり

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?