ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Ground

未接続の入力端子を接地

ライブラリ

Sources

説明

Ground ブロックは、入力端子が他のブロックに接続されていないブロックを接続します。未接続の入力端子をもつブロックを含むシミュレーションを実行した場合、Simulink® は警告を表示します。Ground ブロックを使って未接続のブロックを接地することで、これらの警告を防止できます。

Ground ブロックは、接続先の端子と同じデータ型の信号を出力します。たとえば、以下のモデルモデルを考えます。

この例では、Constant ブロックの出力によって、Ground ブロックが接続されている端子のデータ型 (int8) が決まります。その端子は Ground ブロックの出力データ型を決定します。

Ground ブロックは、値がゼロである信号を出力します。出力データ型が正確に 0 を表せない場合、Ground ブロックは 0 に可能な限り近い非零の値を出力します。この動作は非零のバイアスの固定小数点データ型にのみ適用されます。次の式は 0 を表すことのできない固定小数点データ型の例です。

  • fixdt(0, 8, 1, 1) — スロープが 1、バイアスが 1 の8 ビット符号なし型

  • fixdt(1, 8, 6, 3) — スロープが 6、バイアスが 3 の8 ビット符号付き型

出力が列挙型データの場合、Ground ブロックは既定の列挙値を出力します。この動作は、以下に該当するかどうかによって適用されます。

  • 列挙で 0 を表現できる。

  • 列挙の既定値は 0。

列挙型に既定値がない場合、Ground ブロックは型定義の最初の列挙値を出力します。

サポートするデータ型

Ground ブロックは、固定小数点データ型および列挙型データも含め、Simulink がサポートするすべてのデータ型をサポートします。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

次の Simulink の例では、Ground ブロックの使用方法を示します。

特性

サンプル時間

Constant (inf)

離散化

あり

多次元化

あり

バーチャル

あり

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「バーチャル ブロック」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?