ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fixdt

固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成

構文

a = fixdt(Signed, WordLength)
a = fixdt(Signed, WordLength, FractionLength)
a = fixdt(Signed, WordLength, TotalSlope, Bias)
a = fixdt(Signed, WordLength, SlopeAdjustmentFactor, FixedExponent, Bias)
a = fixdt(DataTypeNameString)
a = fixdt(..., 'DataTypeOverride', 'Off')
[DataType,IsScaledDouble] = fixdt(DataTypeNameString)
[DataType,IsScaledDouble] = fixdt(DataTypeNameString, 'DataTypeOverride', 'Off')

説明

a = fixdt(Signed, WordLength) は、スケーリングが指定されていない固定小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。通常、スケーリングは別のブロック パラメーターにより決められます。Signed は符号なしの場合 0 (false)、符号付の場合 1 (true) になります。

a = fixdt(Signed, WordLength, FractionLength) は、2 進小数点スケーリングが行われる固定小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。FractionLengthWordLength より大きくなる場合があります。詳細は、「2 進小数点の解釈」を参照してください。

a = fixdt(Signed, WordLength, TotalSlope, Bias) または a = fixdt(Signed, WordLength, SlopeAdjustmentFactor, FixedExponent, Bias) は、勾配とバイアス スケーリングが行われる固定小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。

a = fixdt(DataTypeNameString) は、データ型名で指定される整数、固定小数点、または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。データ型名は、Simulink® の組み込みデータ型名または Fixed-Point Designer™ 製品で規定されている固定小数点の命名法に適合する固定小数点データ型名のいずれかになります。詳細は、Fixed-Point Designer ドキュメンテーションの「固定小数点データ型とスケーリングの表記法」を参照してください。

a = fixdt(..., 'DataTypeOverride', 'Off') は、DataTypeOverride パラメーターが Off に設定された Simulink.NumericType オブジェクトを返します。このプロパティの既定値は Inherit です。DataTypeOverride パラメーターは、他の入力パラメーターの任意の組み合わせの後に指定できます。

[DataType,IsScaledDouble] = fixdt(DataTypeNameString) は、データ型名で指定される整数、固定小数点、または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクト、および指定されたデータ型名がスケーリングされた double のデータ型名であったかどうかを示すフラグを返します。

[DataType,IsScaledDouble] = fixdt(DataTypeNameString, 'DataTypeOverride', 'Off') は、以下を返します。

  • データ型名で指定される整数、固定小数点、または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクト。Simulink.NumericType オブジェクトの DataTypeOverride パラメーターは Off に設定されます。

  • 指定されたデータ型名がスケーリングされた double のデータ型名であったかどうかを示すフラグ。

スケーリングが指定されていない固定小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。

a = fixdt(1,16)

a =
 
Simulink.NumericType
    DataTypeMode: 'Fixed-point: unspecified scaling'
      Signedness: 'Signed'
      WordLength: 16
         IsAlias: false
      HeaderFile: ''
     Description: ''

2 進小数点スケーリングが行われる固定小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。

a = fixdt(1,16,2)

a =
 
Simulink.NumericType
    DataTypeMode: 'Fixed-point: binary point scaling'
      Signedness: 'Signed'
      WordLength: 16
  FractionLength: 2
         IsAlias: false
      HeaderFile: ''
     Description: ''

勾配とバイアス スケーリングが行われる固定小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。

a = fixdt(1, 16, 2^-2, 4)
 
a =
 
Simulink.NumericType
    DataTypeMode: 'Fixed-point: slope and bias scaling'
      Signedness: 'Signed'
      WordLength: 16
           Slope: 0.25
            Bias: 4
         IsAlias: false
      HeaderFile: ''
     Description: ''

データ型名で指定される整数、固定小数点、または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトを返します。

[DataType,IsScaledDouble] = fixdt('ufix8')
 
DataType =
 
Simulink.NumericType
    DataTypeMode: 'Fixed-point: binary point scaling'
      Signedness: 'Unsigned'
      WordLength: 8
  FractionLength: 0
         IsAlias: false
      HeaderFile: ''
     Description: ''
IsScaledDouble =

     0

DataTypeOverride プロパティが Off に設定された Simulink.NumericType オブジェクトを返します。

 a = fixdt(0, 8, 2, 'DataTypeOverride', 'Off')
 
a =
 
Simulink.NumericType
    DataTypeMode: 'Fixed-point: binary point scaling'
      Signedness: 'Unsigned'
      WordLength: 8
  FractionLength: 2
DataTypeOverride: Off
         IsAlias: false
      HeaderFile: ''
     Description: ''

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?