ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

findCategory

ラベルの Simulink プロジェクト カテゴリの取得

構文

  • category = findCategory(proj,categoryName)

説明

category = findCategory(proj,categoryName) は、categoryName で指定されたプロジェクト カテゴリを返します。関数 createLabel または 関数 removeLabel を使用する前に、カテゴリを取得する必要があります。

すべて折りたたむ

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

名前を指定してラベルのカテゴリを取得するには、関数 findCategory を使用します。

category = findCategory(proj,'Classification')
category = 

  Category with properties:

                Name: 'Classification'
            DataType: 'none'
    LabelDefinitions: [1x8 slproject.LabelDefinition]]

または、インデックスでカテゴリを調べることもできます。1 番目のカテゴリを取得します。

proj.Categories(1)
ans = 

  Category with properties:

                Name: 'Classification'
            DataType: 'none'
    LabelDefinitions: [1x8 slproject.LabelDefinition]

カテゴリで何ができるか調べます。

methods(category)
Methods for class slproject.Category:

createLabel          findLabel  removeLabel

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインで Simulink® プロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

読み取るファイルの名前は文字列として指定されます。

出力引数

すべて折りたたむ

ラベルのカテゴリはクエリまたは変更可能なカテゴリ オブジェクトとして返されます。指定したカテゴリが見つからない場合、この関数は空の配列を返します。

R2013a で導入

この情報は役に立ちましたか?