ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Extract Bits

入力信号から選択された連続ビットを出力

ライブラリ

Logic and Bit Operations

説明

Extract Bits ブロックを使用すると、入力信号の保存整数値から連続して選択されたビットを出力することができます。[ビット展開] パラメーターは、出力ビットの選択方法を定義します。

  • [上半分] を選択すると、最上位ビットを含んでいる入力ビットの半分を出力します。入力信号に奇数個のビットが含まれていた場合、出力ビット数は次の式によって求められます。

    出力ビット数 = ceil(入力ビット数/2)      

  • [下半分] を選択すると、最下位ビットを含んでいる入力ビットの半分を出力します。入力信号に奇数個のビットが含まれていた場合、出力ビット数は次の式によって求められます。

    出力ビット数 = ceil(入力ビット数/2)      

  • [最上位ビットで始まる範囲] を選択すると、入力信号の特定の数の最上位ビットを出力します。出力する最上位ビット数は、[ビット数] パラメーターで指定します。

  • [最下位ビットで終わる範囲] を選択すると、入力信号の特定の数の最下位ビットを出力します。出力する最下位ビット数は、[ビット数] パラメーターで指定します。

  • [ビット範囲] を選択すると、入力の連続するビットを出力します。出力するビットは、[ビットのインデックス] パラメーターで指定します。[開始終了] 形式で範囲を指定します。入力ビットには、最下位ビットの 0 から始まる連続したインデックスが付けられます。

サポートするデータ型

Extract Bits ブロックは、固定小数点データ型も含め、Simulink® によってサポートされる任意の数値データ型の信号を受け入れます。浮動小数点数入力は、変更されないブロックを通過します。Boolean 入力は uint8 信号として扱われます。

    メモ:   符号付き整数にビット演算を実行することは難しいです。入力信号のデータ型を符号なしの整数型に変換することにより、困難を回避できます。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

ビット展開

入力信号からビットを取り出す方法を選択します。

ビット数

上図のダイアログには表示されていません。入力信号から出力するビット数を選択します。符号付き整数データ型は、2 ビット以上もつことができません。符号なし整数データ型は、1 ビットになります。

このパラメーターは、[ビット展開] パラメーターとして [最上位ビットで始まる範囲] または [最下位ビットで終わる範囲] を選択した場合のみ表示されます。

Bit indices

上図のダイアログには表示されていません。出力する入力信号の連続したビット範囲を指定します。[開始終了] 形式で範囲を指定します。インデックスは、最下位ビットを 0 として入力ビットに割り当てられます。

このパラメーターは、[ビット展開] パラメーターとして [ビット範囲] を選択した場合のみ表示されます。

出力スケーリング モード

出力ビット選択で使用するスケーリング モードを選択します。

  • [固定小数点のスケーリングを保持] を選択した場合、入力の固定小数点スケーリングによって、データ型変換時の出力スケーリングが決まります。

  • [整数としてビット フィールドを扱う] を選択した場合、入力の固定小数点スケーリングは無視され、保存整数だけを使用して出力データ型が計算されます。

2 進数 110111001 によって表される入力信号があるとします。

  • [ビット展開] パラメーターとして [上半分] を選択した場合、出力は 2 進数の 11011 です。

  • [ビット展開] パラメーターとして [下半分] を選択した場合、出力は 2 進数の 11001 です。

  • [ビット展開] パラメーターとして [最上位ビットで始まる範囲] を選択して、[ビット数] パラメーターとして [3] を指定した場合、出力は 2 進数の 110 です。

  • [ビット展開] パラメーターとして [最下位ビットで終わる範囲] を選択して、[ビット数] パラメーターとして [8] を指定した場合、出力は 2 進数の 10111001 です。

  • [ビット展開] パラメーターとして [ビット範囲] を選択して、[ビットのインデックス] パラメーターとして [4 7] を指定した場合、出力は 2 進数の 1011 です。

特性

直接フィードスルー

あり

サンプル時間

継承

スカラー拡張

N/A

状態数

なし

離散化

継承

多次元化

あり

ゼロクロッシング

なし

この情報は役に立ちましたか?