ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

docblock

Simulink DocBlock が呼び出すエディターの取得と設定

構文

docblock('setEditorHTML', editCmd)
docblock('setEditorDOC', editCmd)
docblock('setEditorTXT', editCmd)
editCmd = docblock('getEditorHTML')
editCmd = docblock('getEditorDOC')
editCmd = docblock('getEditorTXT')

説明

docblock('setEditorHTML', editCmd) は、DocBlock が呼び出す HTML エディターを設定します。editCmd の文字列は、MATLAB® のプロンプトで実行されるコマンドを指定し、カスタム HTML エディターを起動します。既定の設定では、DocBlock は Microsoft® Word (あれば) を HTML エディターとして呼び出します。それ以外の場合は、MATLAB の [設定] ダイアログ ボックスの [エディター/デバッガーの設定] で指定したエディターを使って HTML ドキュメントを開きます。

ドキュメントの絶対パス名を示すには、editCmd 文字列内で "%<FileName>" トークンを使用します。DocBlock の既定のエディターを特定のドキュメント タイプに再設定するには、editCmd として空の文字列 '' を使用します。

docblock('setEditorDOC', editCmd) は、DocBlock が呼び出す Rich Text Format (RTF) エディターを設定します。editCmd の文字列は、MATLAB のプロンプトで実行されるコマンドを指定し、カスタム RTF エディターを起動します。既定の設定では、DocBlock は Microsoft Word (あれば) を RTF エディターとして起動します。そうでない場合、DocBlock は [設定] ダイアログ ボックスの [エディター/デバッガー設定] ペインに指定されているエディターを利用して RTF ドキュメントを開きます。

docblock('setEditorTXT', editCmd) は、DocBlock が呼び出すテキスト エディターを設定します。editCmd の文字列は、MATLAB のプロンプトで実行するコマンドを指定し、カスタム テキスト エディターを起動します。既定の設定では、DocBlock は [設定] ダイアログ ボックスの [エディター/デバッガー設定] ペインで指定されたエディターを呼び出します。

editCmd = docblock('getEditorHTML') は、DockBlock をダブルクリックしたときに使用される、HTML エディターを呼び出すための現在のコマンドの値を返します。

editCmd = docblock('getEditorDOC') は、DockBlock をダブルクリックしたときに使用される、RTF エディターを呼び出すための現在のコマンドの値を返します。

editCmd = docblock('getEditorTXT') は、DockBlock をダブルクリックしたときに使用される、テキスト エディターを呼び出すための現在のコマンドの値を返します。

RTF ドキュメントの DocBlock エディターとして Microsoft Notepad (メモ帳) を指定します。

docblock('setEditorRTF','system(''notepad "%<FileName>"'');')

DocBlock をリセットして RTF ドキュメント用の既定のエディターが使用されるようにします。

docblock('setEditorRTF','')

DocBlock の HTML エディターとして Mozilla Composer を指定します。

docblock('setEditorHTML','system(''/usr/local/bin/mozilla ...
  -edit "%<FileName>" &'');')
この情報は役に立ちましたか?