ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Digital Clock

指定されたサンプリング間隔でシミュレーション時間を出力

ライブラリ

Sources

説明

Digital Clock ブロックは、指定されたサンプリング間隔でのみシミュレーション時間を出力します。その他の時間では出力は前の値のままです。このブロックの精度を制御するには、ブロック ダイアログ ボックスで サンプル時間 パラメーターを設定します。

離散システム内で現在のシミュレーション時間が必要なときには、(連続時間を出力する) Clock ブロックではなく、このブロックを使用してください。

サポートするデータ型

Digital Clock ブロックは、double タイプの実数信号を出力します。詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

サンプル時間

サンプリング間隔を指定します。既定値は 1 秒です。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「サンプル時間の指定」を参照してください。

0 または [0,0] の連続サンプル時間を指定しないでください。また、このブロックはソース ブロックであるため、-1 (サンプル時間を継承) を指定しないでください。

次のモデルでは、Scope ブロックは、サンプル時間0.2 の Digital Clock ブロックの出力を示します。

Digital Clock ブロックは、0.2 秒ごとのシミュレーション時間を出力します。その他の時間では出力は前の値のままです。

特性

データ型

double

サンプル時間

サンプル時間パラメーターで指定

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

参考

Clock

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?