ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Decrement Time To Zero

信号の実際値からサンプル時間を減算 (ただし、ゼロまで)

ライブラリ

Additional Math & Discrete / Additional Math:Increment - Decrement

説明

Decrement Time To Zero ブロックは、信号の実際値からサンプル時間 Ts を減算します。出力がゼロ未満になることはありません。このブロックは、固定サンプリング レートでのみ動作し、Triggered Subsystem 内では動作しません。

サポートするデータ型

Decrement Time To Zero ブロックは次のデータ型の信号を受け入れます。

  • 浮動小数点

  • 組み込み整数

  • 固定小数点

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

特性

直接フィードスルー

あり

スカラー拡張

なし

多次元化

なし

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?