ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Complex to Magnitude-Angle

複素数信号の大きさと位相角の計算

ライブラリ

Math Operations

説明

Complex to Magnitude-Angle ブロックは、double または single データ型の複素数信号を受け入れます。[出力] パラメーターの設定に応じて、入力信号の大きさや位相角を出力します。出力は入力と同じデータ型の実数値です。複素数信号の配列を入力として使用でき、その場合は出力信号も配列になります。Magnitude 信号配列は、対応する複素数入力要素の大きさを含みます。同様に、Angle 出力は入力要素の角度を含みます。

サポートするデータ型

前述の説明を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

出力

このブロックの出力を指定します。以下の値から選択します。[振幅と角度] (入力信号の大きさと位相角 (ラジアン) を出力)、[ゲイン] (入力の大きさを出力)、[角度] (入力の位相角 (ラジアン) を出力) のいずれかを選択します。

サンプル時間 (継承は -1)

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 サンプル時間の指定」を参照してください。

特性

直接フィードスルー

あり

サンプル時間

[サンプル時間] パラメーターで指定

スカラー拡張

なし

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?