ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Bus to Vector

バーチャル バスをベクトルに変換

ライブラリ

Signal Attributes

説明

Bus to Vector ブロックはバーチャル バス信号をベクトル信号に変換します。入力のバス信号は、スカラー (1 次元)か、または同じデータ型、信号タイプ、およびサンプリング モードをもつ行ベクトルか列ベクトルで構成される必要があります。入力のバスが行ベクトルまたは列ベクトルを含んでいる場合、このブロックの出力は、それぞれ行ベクトルまたは列ベクトルになります。それ以外の場合は、1 次元の配列を出力します。

Bus to Vector ブロックは、明示的変換と等価な方法でバスをベクトルに暗黙的に変換し、置き換える場合のみ使用してください。「Mux として使用されるバスの修正」を参照してください。

    メモ:   Simulink® ライブラリから Bus to Vector ブロックをモデルにコピーすると、Bus to Vector ブロックの名前は非表示になります。

サポートするデータ型

Bus to Vector ブロックはバーチャル バス信号および非バス信号を受け入れます。入力が非バス信号の場合、このブロックは影響しません。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

このブロックには、ユーザーが入力できるパラメーターはありません。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

コード生成

あり

R2007a で導入

この情報は役に立ちましたか?