ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Subsystem、Atomic Subsystem、Nonvirtual Subsystem、CodeReuse Subsystem

他のシステム内のシステムを表現

ライブラリ

Ports & Subsystems

説明

Subsystem ブロックには、モデル全体 (またはシステム全体) に含まれるブロック (またはコード) のサブセットが含まれます。Subsystem ブロックはバーチャル サブシステムを表す場合も非バーチャル サブシステムを表す場合もあります。

非バーチャル サブシステムでは、サブシステムの内容をいつ評価するかを制御することができます。非バーチャル サブシステムは、 単一ユニットとして実行 (アトミック実行) されます。トリガー、関数呼び出し、アクション、入力の有効化において遷移が発生したときにのみ実行される、条件付きで実行される非バーチャル サブシステムを作成することができます (「条件付きサブシステム」を参照)。

ブロックが条件付きで実行されるのでもアトミック実行されるのでもない場合、そのサブシステムはバーチャル サブシステムとなります。バーチャル サブシステムはチェックサムをもちません。

    ヒント:   サブシステムがバーチャルかどうかを調べるには、関数 get_param で boolean で表されるブロック パラメーター IsSubsystemVirtual を使って確認します。

Atomic Subsystem ブロックは、既定の設定で [Atomic サブシステムとして扱う] が選択された Subsystem ブロックです。

CodeReuse Subsystem ブロックは、[Atomic サブシステムとして扱う] が選択されており、[関数のパッケージ化][再利用可能な関数] に設定されており、サブシステムの関数コード生成形式が指定されている Subsystem ブロックです。(詳細は、関数のパッケージ化 を参照してください)。

サブシステムを作成するには、以下のいずれかを行います。

  • Ports & Subsystems ライブラリから Subsystem ブロックをモデルにコピーします。次に、Subsystem ブロックを開き、必要なブロックをその Subsystem ブロック内にコピーすることで、ブロックをサブシステムに追加します。

  • サブシステムを構成するすべてのブロックとラインを選択し、[ブロック線図][サブシステムとモデル参照][選択からサブシステムを作成] を選択します。Simulink® はそのブロックを Subsystem ブロックに置き換え、必要な Inport ブロックと Outport ブロックがそのサブシステムの入出力信号に反映されるようにします。

Subsystem ブロックのアイコン上に描画される入力端子の数は、サブシステム内の Inport ブロックの数に対応します。同様に、ブロック上に描画される出力端子の数は、サブシステム内の Outport ブロックの数に対応します。

Subsystem ブロックは、サブシステムの Inport ブロックと Outport ブロックを通る「信号ラベルの伝播」をサポートします。

詳細は、「サブシステムの作成」を参照してください。

サポートするデータ型

サブシステムの入力端子が受け入れるデータ型の詳細は、「Inport」を参照してください。サブシステムの出力端子が出力するデータ型の情報は、「Outport」を参照してください。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

    メモ:   [コード生成] タブのパラメーターは Simulink Coder™ または Embedded Coder® ライセンスを必要とします。詳細は、パラメーターの節を参照してください。

端子ラベルを表示

サブシステムのアイコン上にサブシステム端子のラベルを表示します。

設定

既定の設定: [FromPortIcon]

なし

Subsystem ブロック上に端子ラベルを表示しません。

[FromPortIcon]

対応する端子アイコン上に信号名が表示される場合、Subsystem ブロック上に信号名を表示します。それ以外の場合は、端子のブロック名を表示します。

[FromPortBlockName]

Subsystem ブロック上に対応する端子のブロック名を表示します。

[SignalName]

名前が付いている場合、Subsystem ブロックの端子に接続する信号名を表示します。それ以外の場合、対応する端子のブロック名を表示します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

読み取り/書き込み権限

サブシステムの内容へのユーザー アクセスを制御します。

設定

既定の設定: [ReadWrite]

[ReadWrite]

サブシステムを開き、修正することができます。

[ReadOnly]

サブシステムを開くことはできますが、修正することはできません。サブシステムがブロック ライブラリに存在する場合、サブシステムへのリンクを作成して開くことができます。また、サブシステムのローカル コピーを作成して変更することはできますが、アクセス許可や元のライブラリ インスタンスの内容を変更することはできません。

[NoReadOrWrite]

サブシステムを開くことも修正することもできません。サブシステムがライブラリに存在する場合、モデルにあるサブシステムのリンクを作成することはできますが、サブシステムを開いたり、アクセス許可を変更したり、サブシステムのローカル コピーを作成したりすることはできません。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

エラー コールバック関数名

Simulink ソフトウェアがサブシステムを実行中にエラーが発生した場合に呼び出される関数名を入力します。

設定

既定の設定: ' '

Simulink ソフトウェアにより 2 つの引数が関数に渡されます。その引数は、サブシステムのハンドルとエラー タイプを指定する文字列です。関数名が指定されていない場合、Simulink は Subsystem のエラーが発生した場合に一般的なメッセージを表示します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

階層の関連付けを許可

このサブシステムによって参照されるワークスペース変数名を関連付けるかどうかを指定します。

設定

既定の設定: [すべて]

[すべて]

ブロック パラメーター値と Simulink データ オブジェクト (Simulink.Signal オブジェクトなど) の指定に使用されるワークスペース変数など、このサブシステムが使用するワークスペース変数のすべての名前を解決します。

[明示的のみ]

ブロックのパラメーター値、データ ストア メモリ (ここにはブロックは存在しません)、信号、"must resolve" というマークの付いた状態) を指定するために使用されるワークスペース変数名だけを解決します。

なし

ワークスペース変数名を解決しません。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

Atomic サブシステムとして扱う

ブロック メソッドの実行順序を決定するときに、Simulink ソフトウェアでサブシステムをユニットとして扱います。

設定

既定の設定: オフ

オン

ブロック メソッドの実行順序を決定するときに、サブシステムをユニットとして扱います。たとえば、サブシステムの出力を計算する必要がある場合、Simulink は、他のブロックの出力メソッドをサブシステム ブロックと同じレベルで実行する前に、サブシステムのすべてのブロックの出力メソッドを実行します。

オフ

ブロック メソッドの実行順序を決める際に、Simulink はサブシステム内のすべてのブロックを、モデル階層内でサブシステムと同じ階層にあるものとして取り扱います。これは、サブシステム内のブロックのメソッドの実行が、サブシステム外のブロックのメソッドの実行にインターリーブする原因となります。

依存関係

このパラメーターは以下を有効にします。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

バリアント条件の伝播時にはグループとして処理

Simulink ソフトウェアで、バリアント条件を Variant Source ブロックからまたは Variant Sink ブロックに伝播するときにサブシステムをユニットとして処理させます。

設定

既定の設定: オン

オン

Simulink は、バリアント条件を Variant Source ブロックからまたは Variant Sink ブロックに伝播するときにサブシステムをユニットとして処理します。たとえば、Simulink ではサブシステムのバリアント条件を計算するときに、その条件をサブシステム内のすべてのブロックに伝播します。

オフ

バリアント条件を決める際に、Simulink はサブシステム内のすべてのブロックを、モデルの階層構造内でサブシステムそのものと同じ階層にあるものとして取り扱います。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

代数ループの発生の最小化

Atomic Subsystem を含むすべての人為的な代数ループを解消しようとします。

設定

既定の設定: オフ

オン

Atomic Subsystem を含むすべての人為的な代数ループを解消しようとします。

オフ

Atomic Subsystem を含むすべての人為的な代数ループを解消しません。

依存関係

Atomic サブシステムとして扱うにより、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

このサブシステムの境界を超えて実行コンテキストの伝播が可能になります。

設定

既定の設定: オフ

オン

このサブシステムの境界を超えて実行コンテキストの伝播が可能になります。

オフ

このサブシステムの境界を超えて実行コンテキストの伝播はできません。

依存関係

サブシステムの条件付きの実行により、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

Function-Call の入力がコンテキスト特有の場合は警告

Simulink は、関数呼び出しの実行中に直接または間接的にこの Function-Call Subsystem の入力を計算する場合、警告を表示します。

設定

既定の設定: オフ

オン

Simulink は、関数呼び出しの実行中に直接または間接的にこの Function-Call Subsystem の入力を計算する場合、警告を表示します。

オフ

Simulink は、関数呼び出しの実行中に直接または間接的にこの Function-Call Subsystem の入力を計算しても、警告を表示しません。

依存関係

Function-Call Subsystem を使用すると、このパラメーターが有効になります。

このオプションは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][接続性] ペインで [コンテキスト依存の入力] 診断が [ローカル設定を利用] に設定されている場合のみ有効です。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

サンプル時間 (継承は -1)

このサブシステムのすべてのブロックを同じレートで実行すべきか、異なるレートで実行できるかどうかを指定します。

設定

既定の設定: -1

  • -1

    継承されるサンプル時間を指定します。サブシステムのブロックが異なるレートで実行できる場合は、このサンプル時間を使用します。

  • [Ts 0]

    周期的なサンプル時間を指定します。

ヒント

  • サブシステムのブロックが異なるレートで実行できる場合、サブシステムのサンプル時間を継承 (-1) に指定します。

  • すべてのブロックが同じレートで実行する必要がある場合、サブシステムの サンプル時間 パラメーターの値として、このレートに相当するサンプル時間を指定します。

  • サブシステム内の任意のブロックが異なるサンプル時間 (-1 または inf 以外) を指定する場合、Simulink は、モデルを更新またはシミュレートするときにエラー メッセージを表示します。たとえば、サブシステム内のすべてのブロックが 1 秒につき 5 回実行する必要があるとします。これを保証するには、サブシステムのサンプル時間を 0.2 と指定します。この例では、サブシステム内の任意のブロックは 0.2-1 または inf 以外のサンプル時間を指定します。Simulink ソフトウェアは、モデルを更新またはシミュレートするときにエラーを表示します。

依存関係

Atomic サブシステムとして扱うにより、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

バリアント制御

バリアントのアクティブ化条件またはバリアントをアクティブ化する式を含むバリアント制御を入力します。

バリアント制御は、boolean の条件式または boolean の条件式を表す Simulink.Variant オブジェクトのいずれかです。お使いのモデルのコードを生成する場合、制御変数を Simulink.Parameter オブジェクトとして定義します。

設定

既定の設定: Variant

依存関係

このパラメーターは Subsystem ブロックを Variant Subsystem ブロック内に追加すると有効になります。

コマンド ライン情報

構造体フィールド: Variants パラメーター構造体の variant.Name フィールドによって表現されます。
タイプ: 文字列
値: バリアントに関連付けられたバリアント制御
既定の設定: ''

参考

関数のパッケージ化

atomic (非バーチャル) サブシステムに対して生成されるコード形式を指定します。

設定

既定の設定:Auto

Auto

Simulink Coder ソフトウェアはモデル内に存在するサブシステムのインスタンスのタイプと数に基づき最適な形式を選択します。

インライン

Simulink Coder ソフトウェアは、無条件にサブシステムをインライン化します。

再利用できない関数

Simulink Coder ソフトウェアは、個々の関数を個々のファイルに明示的に生成します。このように設定されたサブシステムは、関数インターフェイスパラメーターの設定に基づく引数をもつ関数を生成します。生成された関数とファイルは、関数名およびファイル名 (拡張子なし)パラメーターを使用して名前を付けることができます。これらの関数は再呼び出し可能ではありません。

再利用可能な関数

Simulink Coder ソフトウェアは、モデルが複数のサブシステムのインスタンスを含む場合、サブシステムのコードの再利用を可能にする引数をもつ関数を生成します。

このオプションは、参照モデル全体にわたりサブシステムの複数のインスタンスを含むモデル参照階層の生成コードで、サブシステム コードの再利用を可能とする引数をもつ関数も生成します。この場合、サブシステムはライブラリに含まれていなければなりません。

ヒント

  • サブシステムの複数のインスタンスを 1 つの再利用が可能な関数として表す場合、それぞれ 自動 または [再利用可能な関数] として指定できます。それらのどちらか一方を使用するのが最適です。両方を使用すると、各指定につき 1 つずつ、2 つの再利用可能な関数が作成されます。これらの選択の結果は、再利用が不可能な場合にのみ異なります。自動 を選択しても、サブシステム コードの関数やファイル名は制御できません。

  • [再利用可能な関数]自動 のオプションは両方とも、サブシステムのインスタンスが複数存在するかどうかと、コードが再利用可能かどうかを判定しようとします。再利用が不可能な場合、以下のようにオプションの動作はそれぞれ異なります。

    • [自動] はインライン化されたコードを生成し、インライン化が禁止されている場合は、サブシステムのインスタンスごとに別の関数を生成します。

    • [再利用可能な関数] はモデル内のサブシステムのインスタンスごとに、引数をもつ別の関数を生成します。

  • 生成コードがソース管理下にある場合に [再利用可能な関数] を選択する場合は、[ファイル名オプション]サブシステム名を使用[関数名を使用]ユーザー指定 のいずれかに設定してください。この設定を行わないと、モデルを変更するたびにコード ファイルの名前が変更され、ファイルのソース管理ができません。

依存関係

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

関数名オプション

Simulink Coder がサブシステムに対して生成する関数に名前を付ける方法を指定します。

Embedded Coder ライセンスをお持ちの場合、コンフィギュレーション パラメーターの [コード生成][シンボル] ペインのオプションで関数名を制御できます。

設定

既定の設定:Auto

Auto

既定の名前付けの規則、model, _subsystem() を使用して一意の関数名を割り当てます。ここで model はモデルの名前であり、subsystem はサブシステムの名前 (または、コードが再使用される場合に同一のものの名前) です。

[関数のパッケージ化] パラメーターに [再利用可能な関数] を選択し、モデル参照階層に再利用可能なサブシステムのインスタンスが複数ある場合に、サブシステムで再利用可能なコードを生成するには、[関数名オプション]自動 に設定しなければなりません。

サブシステム名を使用

関数名にサブシステム名を使用します。既定では、関数名は命名規則 model, _subsystem を使用します。

    メモ:   サブシステムがライブラリ ブロックであり、そのサブシステムのパラメーター関数のパッケージ化[再利用可能な関数] に設定されている場合、サブシステム名を使用 オプションを設定すると、コード ジェネレーターは、そのサブシステムの関数名とファイル名にそのライブラリ ブロックの名前を使用します。

ユーザー指定

このオプションで [関数名] フィールドが有効になります。有効な C または C++ 関数名 (固有でなければならない) を入力します。

依存関係

  • このパラメーターには Simulink Coder のライセンスが必要です。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] または [再利用可能な関数] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

  • このパラメーターを ユーザー指定 に設定すると、関数名 パラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

関数名

サブシステム コードに対して、一意で有効な C または C++ 関数名を指定します。

設定

既定の設定: ' '

Simulink Coder コード ジェネレーターで自動生成された名前を割り当てたり、サブシステム名を使用したりする代わりに、関数に特定の名前を割り当てるには、このパラメーターを使用します。

依存関係

  • このパラメーターには Simulink Coder のライセンスが必要です。

  • 関数名オプションユーザー指定 に設定すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

ファイル名オプション

Simulink Coder ソフトウェアがサブシステムに対して生成する関数の個々のファイルに名前を付ける方法を指定します。

設定

既定の設定:Auto

Auto

サブシステムの構成およびモデルにあるインスタンスの数によって、自動 は異なる結果を返します。

  • コード ジェネレーターがサブシステムに個別のファイルを "生成しない" 場合、サブシステムの親システムから生成されたコード モジュール内で、サブシステム コードが生成されます。サブシステムの親がモデル自体の場合、サブシステム コードは model.c または model.cpp 内で生成されます。

  • [関数のパッケージ化] パラメーターに [再利用可能な関数] を選択し、生成コードがソース管理下にある場合、[ファイル名オプション]自動 以外の値を指定することを検討してください。これにより、関係のないモデル変更によって生成されたファイル名が変更されるのを防止できます。これは、ソース管理を使用して構成を管理する場合に問題となる点です。

  • [関数のパッケージ化] パラメーターに [再利用可能な関数] を選択し、モデル参照階層に再利用可能なサブシステムのインスタンスが複数ある場合、サブシステムで再利用可能なコードを生成するには、[ファイル名オプション]自動 に設定しなければなりません。

サブシステム名を使用

コード ジェネレーターは、サブシステム (またはライブラリ ブロック) 名をファイル名として使用して、別のファイルを生成します。

    メモ:   [ファイル名オプション]サブシステム名を使用 に設定すると、モデルに Model ブロックが含まれている場合またはモデルのモデル参照ターゲットが生成されている場合にサブシステムのファイル名はマングルされます。これらの状況で、サブシステムのファイル名はモデル名を前置したサブシステムの名前で構成されます。

関数名を使用

コード ジェネレーターは [関数名オプション] により指定される関数名をファイル名として使用します。

ユーザー指定

このオプションは [ファイル名 (拡張子なし)] テキスト入力フィールドを有効にします。コード ジェネレーターは入力された名前をファイル名として使用します。任意のファイル名を入力しますが、.c.cpp (などの) 拡張子は含めないでください。このファイル名は、固有でなくても構いません。

    メモ:   サブシステムのソース ファイル名は固有でなくても構いませんが、循環依存状態となる非固有名を付けるのは避けなければなりません (sys_a.hsys_b.h を含み、sys_b.hsys_c.h を含み、sys_c.hsys_a.h を含むなど)。

依存関係

  • このパラメーターには Simulink Coder のライセンスが必要です。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] または [再利用可能な関数] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

  • このパラメーターを ユーザー指定 に設定すると、ファイル名 (拡張子なし) パラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

ファイル名 (拡張子なし)

Simulink Coder がサブシステムに対して生成する関数ファイルに名前を付ける方法を指定します。

設定

既定の設定: ' '

  • 指定するファイル名は、一意的である必要はありません。ただし、循環的な依存状態 (たとえば、sys_a.hsys_b.h を含み、sys_b.hsys_c.h を含み、sys_c.hsys_a.h を含む) になるような一意でない名前を付けることは避けてください。

依存関係

  • このパラメーターには Simulink Coder のライセンスが必要です。

  • ファイル名オプションを [ユーザー指定] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

別々のデータをもつ関数

Atomic Subsystem 用の内部データが親モデルから分離され、サブシステムに所有されているサブシステムの関数コードを生成します。

設定

既定の設定: オフ

オン

Atomic Subsystem 用の内部データが親モデルから分離され、サブシステムに所有されているサブシステムの関数コードを生成します。サブシステムのデータ構造は、親モデルのデータ構造とは別に宣言されます。個別のデータをもつサブシステムは、独自のブロック I/O と DWork データ構造対をもちます。結果として、サブシステムに対して生成されたコードの方が、追跡とテストが容易になります。また、データを分離すると、データが複数のデータ構造に分割されるため、モデル全体のデータ構造の最大サイズが小さくなる傾向があります。

オフ

Atomic Subsystem 用の内部データが親モデルから分離され、サブシステムに所有されているサブシステムの関数コードを生成しません。

依存関係

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

関数インターフェイス

このサブシステムに対し、生成された関数が引数を使用するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: void_void

void_void

引数をもたずにグローバル変数でデータを渡す関数を生成します。例:

void subsystem_function(void)

引数を許可

グローバル変数でデータを渡さずに引数を使用する関数を生成します。これを指定すると、グローバル RAM が節約されます。これにより、コード サイズが削減され、実行速度が改善されます。また、コード ジェネレーターによりさらなる最適化が行われます。例:

void subsystem_function(real_T rtu_In1, real_T rtu_In2, 
                        real_T *rty_Out1)

依存関係

  • このパラメーターには Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルが必要です。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

初期化/終了関数のメモリ セクション

Embedded Coder がメモリ セクションをサブシステムの初期化/終了関数にどのように適用するかを示します。

設定

既定の設定: モデルから継承

モデルから継承

ルート モデルのメモリ セクションをサブシステムの関数コードに適用します。

既定の設定

任意のモデル レベルの仕様を無効にして、サブシステムのシステム コードにメモリ セクションを適用しません。

目的のメモリ セクション

モデルのメモリ セクションの 1 つをサブシステムに適用します。

ヒント

  • 入力可能な値は、モデルのコンフィギュレーションに対してメモリ セクションを設定するかどうか、どのようにパッケージを設定するかによって異なります。Embedded Coder ドキュメンテーションの「Control Data and Function Placement in Memory by Inserting Pragmas」および「Model Configuration Parameters: Code Generation Memory Sections」を参照してください。

  • パッケージを使用してモデルを構成していない場合、モデルから継承 のみが値として表示されます。そうでない場合、このリストには既定の設定と、モデルのパッケージに含まれているすべてのメモリ セクションが表示されます。

  • これらのオプションは、指定されたサブシステム モデルのメモリ セクションの設定を無効にする場合に利用できます。

依存関係

  • このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] または [再利用可能な関数] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

実行関数のメモリ セクション

Embedded Coder がメモリ セクションをサブシステムの実行関数にどのように適用するかを示します。

設定

既定の設定: モデルから継承

モデルから継承

ルート モデルのメモリ セクションをサブシステムの関数コードに適用します。

既定の設定

任意のモデル レベルの仕様を無効にして、サブシステムのシステム コードにメモリ セクションを適用しません。

目的のメモリ セクション

モデルのメモリ セクションの 1 つをサブシステムに適用します。

ヒント

  • 入力可能な値は、モデルのコンフィギュレーションに対してメモリ セクションを設定するかどうか、どのようにパッケージを設定するかによって異なります。Embedded Coder ドキュメンテーションの「Control Data and Function Placement in Memory by Inserting Pragmas」および「Model Configuration Parameters: Code Generation Memory Sections」を参照してください。

  • パッケージを使用してモデルを構成していない場合、モデルから継承 のみが値として表示されます。そうでない場合、このリストには既定の設定と、モデルのパッケージに含まれているすべてのメモリ セクションが表示されます。

  • これらのオプションは、指定されたサブシステム モデルのメモリ セクションの設定を無効にする場合に利用できます。

依存関係

  • このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] または [再利用可能な関数] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

定数のメモリ セクション

Embedded Coder がメモリ セクションをサブシステムのデータにどのように適用するかを示します。

設定

既定の設定: モデルから継承

モデルから継承

ルート モデルのメモリ セクションをサブシステム データに適用します。

既定の設定

任意のモデル レベルの仕様を無効にして、サブシステムのシステムのデータにメモリ セクションを適用しません。

目的のメモリ セクション

モデルのメモリ セクションの 1 つをサブシステムに適用します。

ヒント

  • 指定したメモリ セクションが、生成されたコードの対応するグローバル データ構造体に適用されます。Atomic サブシステムに対して生成されるグローバル データ構造体の基本情報については、「生成されたコードにおける既定のデータ構造体」を参照してください。

  • 指定されたサブシステムに対してモデルのメモリ セクションの設定を無効にする場合に利用できます。

  • 入力可能な値は、モデルのコンフィギュレーションに対してメモリ セクションを設定するかどうか、どのようにパッケージを設定するかによって異なります。Embedded Coder ドキュメンテーションの「Control Data and Function Placement in Memory by Inserting Pragmas」を参照してください。

  • パッケージを使用してモデルを構成していない場合、モデルから継承 のみが値として表示されます。そうでない場合、このリストには既定の設定と、モデルのパッケージに含まれているすべてのメモリ セクションが表示されます。

依存関係

  • このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] に設定して、別々のデータをもつ関数 チェック ボックスをオンにすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

内部データのメモリ セクション

Embedded Coder がメモリ セクションをサブシステムのデータにどのように適用するかを示します。

設定

既定の設定: モデルから継承

モデルから継承

ルート モデルのメモリ セクションをサブシステム データに適用します。

既定の設定

任意のモデル レベルの仕様を無効にして、サブシステムのシステムのデータにメモリ セクションを適用しません。

目的のメモリ セクション

モデルのメモリ セクションの 1 つをサブシステムに適用します。

ヒント

  • 指定したメモリ セクションが、生成されたコードの対応するグローバル データ構造体に適用されます。Atomic サブシステムに対して生成されるグローバル データ構造体の基本情報については、「生成されたコードにおける既定のデータ構造体」を参照してください。

  • 指定されたサブシステムに対してモデルのメモリ セクションの設定を無効にする場合に利用できます。

  • 入力可能な値は、モデルのコンフィギュレーションに対してメモリ セクションを設定するかどうか、どのようにパッケージを設定するかによって異なります。Embedded Coder ドキュメンテーションの「Control Data and Function Placement in Memory by Inserting Pragmas」を参照してください。

  • パッケージを使用してモデルを構成していない場合、モデルから継承 のみが値として表示されます。そうでない場合、このリストには既定の設定と、モデルのパッケージに含まれているすべてのメモリ セクションが表示されます。

依存関係

  • このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] に設定して、別々のデータをもつ関数 チェック ボックスをオンにすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

パラメーターのメモリ セクション

Embedded Coder がメモリ セクションをサブシステムのデータにどのように適用するかを示します。

設定

既定の設定: モデルから継承

モデルから継承

ルート モデルのメモリ セクションをサブシステムの関数コードに適用します。

既定の設定

任意のモデル レベルの仕様を無効にして、サブシステムのシステム コードにメモリ セクションを適用しません。

目的のメモリ セクション

モデルのメモリ セクションの 1 つをサブシステムに適用します。

ヒント

  • 指定したメモリ セクションが、生成されたコードの対応するグローバル データ構造体に適用されます。Atomic サブシステムに対して生成されるグローバル データ構造体の基本情報については、「生成されたコードにおける既定のデータ構造体」を参照してください。

  • 指定されたサブシステムに対してモデルのメモリ セクションの設定を無効にする場合に利用できます。

  • 入力可能な値は、モデルのコンフィギュレーションに対してメモリ セクションを設定するかどうか、どのようにパッケージを設定するかによって異なります。Embedded Coder ドキュメンテーションの「Control Data and Function Placement in Memory by Inserting Pragmas」を参照してください。

  • パッケージを使用してモデルを構成していない場合、モデルから継承 のみが値として表示されます。そうでない場合、このリストには既定の設定と、モデルのパッケージに含まれているすべてのメモリ セクションが表示されます。

依存関係

  • このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

  • 関数のパッケージ化[再利用できない関数] に設定して、別々のデータをもつ関数 チェック ボックスをオンにすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

サンプル時間

サブシステムのブロックに依存

多次元信号

あり

可変サイズの信号

あり

ゼロクロッシング検出

イネーブル端子とトリガー端子について (存在する場合)、あり

コード生成

あり

R2007a で導入

この情報は役に立ちましたか?