ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addLabel

Simulink プロジェクトファイルにラベルを追加します。

構文

  • addLabel(file,categoryName,labelName)
  • addLabel(file,categoryName,labelName,labelData)

説明

addLabel(file,categoryName,labelName) は、カテゴリ categoryName の指定されたラベル labelName をファイルに追加します。

addLabel(file,categoryName,labelName,labelData) は、labelData で指定したデータをもつラベルを追加します。

すべて折りたたむ

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

名前を指定して、特定のファイルを取得します。

myfile = findFile(proj,'models/AnalogControl.mdl')
myfile = 

  ProjectFile with properties:

      Path: 'C:\Work\temp\slexamples\airframe\models\AnalogControl.mdl'
    Labels: [1x1 slproject.Label]
  Revision: '2'
SourceControlStatus: Unmodified

ファイルの Labels プロパティを取得します。

myfile.Labels
ans = 

  Label with properties:

            File: 'C:\Work\temp\slexamples\airframe\models\AnalogControl.mdl'
            Data: []
        DataType: 'none'
            Name: 'Design'
    CategoryName: 'Classification'

ファイルに 'Artifact' ラベルを追加します。

addLabel(myfile,'Classification','Artifact')
ans = 

  Label with properties:

            File: 'C:\Work\temp\slexamples\airframe\models\AnalogControl.mdl'
            Data: []
        DataType: 'none'
            Name: 'Artifact'
    CategoryName: 'Classification'

Labels プロパティにインデックスを作成し、このファイルに付けられたラベルを取得します。

reviewlabel = myfile.Labels(1)
reviewlabel = 

  Label with properties:

            File: 'C:\Work\temp\slexamples\airframe\models\AnalogControl.mdl'
            Data: []
        DataType: 'none'
            Name: 'Artifact'
    CategoryName: 'Classification'

ファイルから新規ラベルを削除します。

removeLabel(myfile,reviewlabel)

'Classification' カテゴリ ラベル 'Utility' をプロジェクト内で .m ファイル拡張子をもつすべてのファイルに追加します。

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

ファイル一覧を取得します。

files = proj.Files;

各ファイルに対して作業を繰り返します。ファイルに .m という拡張子が含まれる場合、'Utility' ラベルを追加します。

for fileIndex = 1:numel(files)
   file = files(fileIndex);
   [~, ~, fileExtension] = fileparts(file.Path);
   if strcmp(fileExtension,'.m')
       addLabel(file,'Classification','Utility');
   end
end

Simulink® プロジェクトの [ファイル] ビューで、[Classification] 列に utilities フォルダーの各 .m ファイルに対して Utility ラベルが表示されます。

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

新規カテゴリ 'Review' を作成します。

createCategory(proj,'Review','char');

新しいカテゴリに対して、'To Review' ラベルを作成します。

reviewCategory = findCategory(proj,'Review');
createLabel(reviewCategory,'To Review');

名前を指定して、特定のファイルを取得します。

myfile = findFile(proj,'models/AnalogControl.mdl')
myfile = 

  ProjectFile with properties:

      Path: 'C:\Work\temp\slexamples\airframe\models\AnalogControl.mdl'
    Labels: [1x1 slproject.Label]
 Revision: '2'
SourceControlStatus: Unmodified

ファイルに 'To Review' ラベルおよびラベル データの文字列を追加します。

addLabel(myfile,'Review','To Review','Whole team design review')

Labels プロパティにインデックスを作成し、このファイルに付けられた 2 番目のラベルを取得します。また、ラベル データを確認します。

myfile.Labels(2)
ans = 

  Label with properties:

            File: 'C:\Work\temp\slexamples\airframe\models\AnalogControl.mdl'
            Data: 'Whole team design review'
        DataType: 'char'
            Name: 'To Review'
    CategoryName: 'Review'

Simulink プロジェクトの [ファイル] ビューで AnalogControl.mdl ファイルに対し、[Review] 列にラベル データと To Review ラベルが表示されます。

または、データ プロパティを使用してラベル データを設定または変更することができます。

mylabel = myfile.Labels(2);
mylabel.Data = 'Final review';

入力引数

すべて折りたたむ

ラベルを追加するファイル。ファイル オブジェクトとして指定されます。ファイル オブジェクトを取得するには、プロジェクトの Files プロパティ (proj.Files) を調べるか、関数 findFile を使用して名前でファイルを検索します。ファイルはプロジェクト内になければなりません。

ラベルのカテゴリ名。文字列として指定されます。

追加するラベルの名前。文字列として指定。または、file.Label プロパティや関数 findLabel によって返されるラベル定義オブジェクトとして指定。プロジェクトに存在しないラベル名を新規に指定することができます。

ラベルに追加するデータ。文字列または数値として指定されます。データ型は、ラベルの定義によって異なります。その DataType プロパティを調べるには、file.Label または関数 findLabel を使用してラベルを取得します。

R2013a で導入

この情報は役に立ちましたか?