ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル化の基礎

ブロックと信号線によるブロック線図モデルの作成

モデルの作成および Simulink® 編集環境で生産性を上げるために必要な基礎について学習します。

単純なモデルの作成では、ソフトウェアを開始してブロック線図を作成するところから、シミュレーションと結果の表示まで、モデル化プロセスのすべてについて説明します。モデルを短時間で作成するためのヒントやショートカットについて学習します。

モデルの要素では、Simulink についてさらに学習して使いこなすための基礎となる概念や用語を紹介します。

関数

simulink Simulink スタート ページを開く
start_simulink ウィンドウを開かずに Simulink を起動する
slLibraryBrowser Simulink ライブラリ ブラウザーを開く
new_system 空の Simulink システムを作成
open_system Simulink のモデル、ライブラリ、サブシステム、ブロックのダイアログ ボックスを開く
load_system Simulink モデルをバックグラウンド処理で読み込む
Simulink.createFromTemplate テンプレートからのモデルまたはプロジェクトの作成
Simulink.findTemplates 指定されたプロパティをもつモデルまたはプロジェクト テンプレートの検索
add_block ブロックをモデルに追加
add_line ラインを Simulink システムに追加
replace_block Simulink モデル内のブロックを置き換え
delete_block Simulink システムからのブロックの削除
delete_line Simulink システムからのラインの削除
bdroot 最上位の Simulink システムの名前を返す
find_system システム、ブロック、ライン、端子、注釈の検索
gcs 現在のシステムの絶対パス名を取得
getfullname ブロックまたはラインの絶対パス名を取得
gcb 現在の Simulink ブロックの絶対パス名を取得
gcbh 現在の Simulink ブロックのハンドルを取得
getSimulinkBlockHandle ブロック パスからのブロック ハンドルの取得
set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
get_param パラメーターの名前と値の取得
add_param Simulink システムにパラメーターを追加
delete_param add_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除
Simulink.BlockDiagram.createSubSystem 指定されたブロックのセットを含むサブシステムを作成する
Simulink.BlockDiagram.deleteContents ブロック線図の内容を削除する
Simulink.BlockDiagram.expandSubsystem サブシステムの内容の上位モデルへの展開
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagram サブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContents サブシステムの内容を削除
save_system Simulink システムを保存
close_system Simulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを閉じる
Simulink.exportToTemplate モデルまたはプロジェクトからテンプレートを作成
Simulink.exportToVersion Simulink の前のバージョンで使用するためのモデルまたはライブラリのエクスポート
bdclose 任意の、あるいはすべての Simulink システム ウィンドウを無条件に閉じる
bdIsLoaded ブロック線図がメモリ内に存在するかどうかの確認
bdIsLibrary ブロック線図がライブラリかどうかの確認
slCharacterEncoding MATLAB 文字セット エンコードの変更
slIsFileChangedOnDisk モデルが読み込み後に変更されたかどうかを判定
print Figure の印刷または特定のファイル形式での保存
orient ハードコピー用紙の設定方向の指定
frameedit Simulink と Stateflow ブロック線図用の印刷フレームの編集

例および操作のヒント

Simulink を起動する

モデルを作成するには、Simulink ソフトウェア インターフェイスのライブラリ ブラウザーと Simulink エディターを使用します。

モデルの作成と既存のモデルのオープン

MATLAB®[ホーム] タブで [Simulink] をクリックします。

単純なモデルの作成

ブロックの追加、ブロックの接続、接続の分岐、ブロックの移動と削除、モデルのシミュレーションを行う方法

ブロック線図の更新とシミュレーションの実行

信号データ型やサンプル時間など、ブロック線図の多数の属性は指定しないままでもかまいません。

モデルの保存

モデルを保存する必要があるかどうかを判定するには、Simulink エディターのタイトル バーを確認します。

モデルからのテンプレートの作成

モデルから Simulink テンプレートを作成して、モデルを毎回コピーするのではなく、モデルの設定とコンテンツを再利用または共有します。

モデル バージョンの管理

モデル ファイルの変更通知およびバージョン情報を使用して Simulink モデルの管理を支援する方法。

プログラムによるモデル化の基礎

モデルの読み込み、モデルの作成、ブロックのパラメーターの設定など、いくつかの基本的なモデル化操作をプログラムで行う方法

概念

モデル編集環境

Simulink のモデル編集環境は、ライブラリ ブラウザーと Simulink エディターの 2 つの主要なツールで構成されます。

モデルの要素

ブロック、信号、パラメーターなどのモデルの要素

信号の基礎

"信号" は、時間の経過に伴って値が変化する数量を指し、時間軸のすべての時点で値をもちます。

Simulink でのモデル化用のキーボード操作とマウス操作

Macintosh プラットフォームの場合は、Ctrl キーの代わりに、command キーを使用します。

モデル ブロック線図の印刷

ブロック線図は、以下のいずれかの方法で印刷できます。

Simulink 識別子を使用したブロック線図コンポーネントの検索

Simulink 識別子 (SID) の使用

この情報は役に立ちましたか?