ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルのアップグレード

現在の Simulink® バージョンへのモデルのアップグレード

アップグレード アドバイザーでは、既存のモデルを現在のリリースにアップグレードし、Simulink の最新の機能や設定を使用できるようにモデルを改善できます。アップグレード アドバイザーの使用を参照してください。

関数

upgradeadvisor アップグレード アドバイザーを開く
slupdate 旧バージョンのブロックを最新バージョンに置き換え

モデルのチェック

ブロックのアップグレードについてモデルをチェック
関数呼び出し接続の使用をチェック
外部のソース管理ツールと交信できる Model Info ブロックの特定
slDataTypeAndScale の呼び出しをチェック
MaskTabNames パラメーターを使用してマスク ダイアログでタブを指定するマスク ブロックを特定
モデルが SLX 形式で保存されていることをチェック
モデルで SB2SL ブロックをチェック
モデル履歴プロパティのチェック
構成マネージャーを使用する Model Info ブロックの特定
Variant Subsystem ブロックに変換する Configurable Subsystem ブロックの特定
プロモート済みのパラメーターを使用するために、ライブラリでマスク ブロックをチェックし更新します
imread() の不要な関数呼び出しを含むマスク イメージ表示コマンドのチェックおよび更新
ラピッド アクセラレータ信号ログのチェック
ブロック CompiledSampleTime での get_param 呼び出しのチェック
パラメーターの初期化と調整に関する問題についてモデルをチェック
コンパイル時間情報を必要とするブロックのアップグレードについてモデルをチェック
Merge ブロックの使用をチェック
Outport ブロックの使用をチェック
レート変換の実行用に Delay ブロック、Unit Delay ブロックおよび Zero-Order Hold ブロックをチェック
Discrete-Time Integrator ブロックの使用をチェック
簡易初期化モードに移行するためのモデル設定をチェック
バスの使用方法をチェック
Check model for legacy 3DoF or 6DoF blocks
レガシ Aerospace Blockset ブロックのモデルおよびローカル ライブラリをチェック
一定のサンプル時間でルートの出力端子をチェック
モデルの階層構造を解析してアップグレード シーケンスを続行
モデル内のアップグレード可能な Simulink の Scope ブロックのチェック

例および操作のヒント

アップグレード アドバイザーの使用

アップグレード アドバイザーを使用すると、現在のリリースを用いてモデルをアップグレードし、改善する際に役立ちます。

モデル チェックの警告またはエラーの修正

モデルや参照モデルが最適化されていない場合、チェックは失敗します。

概念

モデル アドバイザー ウィンドウ

モデルで実行するチェックを表示して選択するには、モデル アドバイザー ウィンドウを使用します。

この情報は役に立ちましたか?