ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル参照

モデルを別のモデルでブロックとして再利用

ブロック

Model モデルをブロックとして別のモデルに含める

関数

find_mdlrefs モデル ブロックや参照先モデルをすべてまたは最上位のみのレベルで検索
view_mdlrefs モデル参照の依存関係を表示
Simulink.SubSystem.convertToModelReference サブシステムからモデル参照への変換
slbuild モデルのスタンドアロン実行可能ファイル ターゲットまたはモデル参照ターゲットをビルド

クラス

Simulink.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

例および操作のヒント

モデル参照の作成

他のモデル内の Model ブロックから参照されたときに、モデルは参照モデルになります。

サブシステムの参照モデルへの変換

サブシステムをモデル参照に変換する前に、モデル参照がモデル化要件を満たすために使用すべきアプローチかどうかを検討してください。

モデル参照階層の表示

Simulink® にはモデル参照階層を調べるためのツールや機能があります。

階層項目のコンテンツ プレビュー

コンテンツ プレビューは、ブロック上の階層項目の内容 (サブシステムなど) を表示するものです。

モデル参照のシミュレーション ターゲット

シミュレーション ターゲット、または SIM ターゲットは、参照モデルをアクセラレータ モードで実行するときに使用される MEX ファイルです。

モデル参照のパラメーター化

パラメーター化された参照モデルは、その動作に影響する値をモデルの外部から取得します。

条件付き参照モデル

条件付きサブシステムと同様に、参照モデルを条件付きで実行するように設定することができます。

シミュレーションでの保護モデルの使用

保護モデルを受け取る際、保護モデルは保護モデル パッケージに含まれている場合があります。

サンプル時間の継承

Model ブロックのサンプル時間は、参照先モデルのサンプル時間になります。

Model ブロックの更新

Model ブロックを更新すると、その参照先モデルのインターフェイスの変更を反映して、その内部表現が更新されます。

モデル参照を含む S-Function

S-Function とモデル参照の使い方を説明します。

参照モデル内のバス

バス データにモデル参照の境界を越えさせるには、バス オブジェクト (Simulink.Bus) を使用してバスを定義します。

概念

モデル参照の概要

モデルを別のモデルに含めるには Model ブロックを使用します。

Simulink モデル参照の要求

モデル参照の階層は、この節で説明するように、各種の Simulink 要求を満たさなければなりません。

モデル参照の制限

次のような制限がモデル参照に適用されます。

サブシステムからモデル参照への変換

サブシステムをモデル参照に変換する前に、モデル参照がモデル化要件を満たすために使用すべきアプローチかどうかを検討してください。

参照モデルのシミュレーション モード

Simulink はモデル参照階層内の最上位のモデルを、参照モデルが存在しないときと同じように実行します。

参照モデル内での信号ログ

参照モデルでは、信号ログ用に設定されたすべての信号を記録することができます。

モデル参照のサンプル時間の整合性

別のモデルから参照されるモデルを使用する際の信頼性を向上させるために一貫したサンプル時間レートを使用します。

保護モデル

保護モデルは、モデルの知的所有権を明らかにせずにモデルを配布する機能を提供します。

この情報は役に立ちましたか?