ドキュメンテーション

このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルのチェック

カテゴリ別 | アルファベット順

モデルの階層構造を解析してアップグレード シーケンスを続行
Stateflow ブロックのデバッグ設定をチェック
imread() の不要な関数呼び出しを含むマスク イメージ表示コマンドのチェックおよび更新
プロモート済みのパラメーターを使用するために、ライブラリでマスク ブロックをチェックし更新します
バスの使用のチェック
Outport と Merge ブロックに対する初期化パラメーターの整合性をチェック
モデリング エラーに対して Data Store ブロック サンプル時間をチェック
マルチタスク、厳密な型指定、優先順位の低下などの問題について、Data Store Memory ブロックをチェック
Delay ブロックのリング バッファーの設定のチェック
対象外の文字がないかファイルをチェック
バスの使用のチェック
slDataTypeAndScale の呼び出しをチェック
不確かな初期条件をもつ Discrete-Time Integrator ブロックをチェック
暗黙的な信号の関連付けをチェック
バス信号の作成に使用する Mux ブロックをチェック
微分端子を駆動する連続でない信号をチェック
最適なバーチャル バスをチェック
参照モデルに対して無視されたパラメーター調整情報をチェック
部分構造体パラメーターの利用状況をバス信号で確認
データ ストア アクセスに関する順序の問題がないかどうかをチェック
一定のサンプル時間でルートの出力端子をチェック
ブロック CompiledSampleTime での get_param 呼び出しのチェック
Data Store ブロックについて読み取り/書き込みの診断が有効であるかどうかをチェック
MATLAB Function ブロックのデバッグ設定をチェック
MATLAB System ブロック シミュレーション モードのチェック
Merge ブロックの使用方法のチェック
既知のブロック アップグレード問題に関してモデルをチェック
コンパイル時間情報を必要とする、既知のブロック アップグレード問題についてモデルをチェック
モデル履歴プロパティのチェック
モデル参照パラレル ビルドのチェック
[モデル参照] の [リビルド] 設定をチェック
最適化設定をチェック
ラピッド アクセラレータ信号ログのチェック
ルート モデルの Inport ブロックの仕様をチェック
信号ログの保存形式をチェック
ソルバー タイプの選択をチェック
モデルが SLX 形式で保存されていることをチェック
ベースラインの作成
最終検証
連続サンプル時間と浮動小数点でないデータ型をもつブロックの出力信号を特定
Variant Subsystem ブロックに変換する Configurable Subsystem ブロックの特定
無効なライブラリ リンクを特定
非効率的な Lookup Table ブロックを検出
Interpreted MATLAB Function ブロックを検出
MaskTabNames パラメーターを使用してマスク ダイアログでタブを指定するマスク ブロックを特定
バリアントの選択をオーバーライドするモデル参照バリアントおよび Variant Subsystem の特定
パラメーター付きのライブラリ リンクを特定
リソース集約的な診断設定の特定
シミュレーション ターゲット設定の検出
接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定
未解決のライブラリ リンクを特定
アップグレード アドバイザーを開く
S-Function に対する実行時の診断
コンパイラの最適化のオン/オフを選択
シミュレーション モードの選択
この情報は役に立ちましたか?