ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

最適化ペイン: Stateflow

Simulink® Coder™ がインストールされたシステムでは、[最適化][Stateflow] ペインに以下のパラメーターが表示されます。

最適化ペイン: [Stateflow] タブの概要

モデルのアクティブなコンフィギュレーション セット用に最適化を設定します。

ヒント

  • [最適化]、[Stateflow] ペインを開くには、Simulink エディターで、[シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター][最適化][Stateflow] を選択します。

  • Simulink Coder の最適化は、Simulink Coder 製品がシステムにインストールされている場合にのみ表示されます。

参考

ステートのコンフィギュレーションを保存するためにビット セットを使用

ビット セットを使用して、ステート コンフィギュレーション変数を格納するために必要なメモリの量を減らします。

設定

既定の設定: オフ

オン

ステート コンフィギュレーション変数をビット セットに格納します。変数を格納するために必要なメモリの量が減る可能性がありますが、ステート コンフィギュレーションにアクセスするために必要な命令の数が増えて、コードの最適性が低下する可能性があります。

オフ

ステート コンフィギュレーション変数を符号なしバイトに格納します。変数を格納するために必要なメモリの量が増える可能性がありますが、ステート コンフィギュレーションにアクセスするために必要な命令の数が減って、コードの最適性が高まる可能性があります。

ヒント

  • このチェック ボックスをオンにすると、変数を格納するために必要となるメモリの量を大幅に削減できます。ただし、ビット セットを操作する命令がターゲット プロセッサに用意されていない場合は、ターゲット コードを格納するために必要なメモリ量が増加する可能性があります。

  • Stateflow チャートの特定の階層レベルに兄弟関係にあるステートが多数含まれている場合は、このチェック ボックスをオンにします。

  • Stateflow チャートの特定の階層レベルに兄弟関係にあるステートが少数含まれている場合は、このチェック ボックスをオフにします。

依存関係

このパラメーターには Simulink Coder のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: StateBitsets
タイプ: 文字列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オフ (実行、ROM)、オン (RAM)
安全対策影響なし

参考

Boolean データを保存するためにビット セットを使用

ビット セットを使用して、Boolean データを格納するために必要なメモリの量を減らします。

設定

既定の設定: オフ

オン

Boolean データをビット セットに格納します。Boolean データを格納するために必要なメモリの量が減る可能性がありますが、Boolean データにアクセスするために必要な命令の数が増えて、コードの最適性が低下する可能性があります。

オフ

Boolean データを符号なしバイトに格納します。Boolean データを格納するために必要なメモリの量が増える可能性がありますが、Boolean データにアクセスするために必要な命令の数が減って、コードの最適性が高まる可能性があります。

ヒント

  • Boolean データを頻繁に参照しない Stateflow チャートの場合は、このチェック ボックスをオンにします。

  • Boolean データを頻繁に参照する Stateflow チャートの場合は、このチェック ボックスをオフにします。

依存関係

このパラメーターには Simulink Coder のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: DataBitsets
タイプ: 文字列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オフ (実行、ROM)、オン (RAM)
安全対策影響なし

参考

この情報は役に立ちましたか?