ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

診断ペイン: モデル参照

モデル参照診断の概要

モデル参照階層に関連する非互換性が Simulink® ソフトウェアで検出されたときに行う診断アクションを指定します。

コンフィギュレーション

表示されるパラメーターを設定します。

ヒント

  • [診断]、[モデル参照] ペインを開くには、Simulink エディターで、[シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター][診断][モデル参照] を選択します。

  • 一般的に、このオプションでは、いかなるアクションもしないか、警告またはエラー メッセージを表示することを指定します。

  • 警告が表示されてもシミュレーションは終了しませんが、エラーが表示された場合はシミュレーションが終了します。

参考

Model ブロック バージョンの不一致

このモデルで Model ブロックの作成または更新に使用されたモデルのバージョンと参照モデルの現在のバージョンの間の不一致が Simulink ソフトウェアで検出されたときに行う診断アクションを選択します。

設定

既定の設定: [なし]

[なし]

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

[警告]

Simulink ソフトウェアは警告を表示して Model ブロックを更新します。

[エラー]

Simulink ソフトウェアはエラー メッセージを表示して、Model ブロックを更新しません。

ヒント

このモデルで Model ブロックの参照モデルバージョン番号の表示を有効にしている場合 (「参照モデルのバージョン番号の表示参照モデルのバージョン番号の表示」を参照)、Simulink ソフトウェアでは、Model ブロック アイコンにバージョンの不一致が次のように表示されます。 Rev:1.0 != 1.2.

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceVersionMismatchMessage
タイプ: 文字列
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策[なし]

参考

端子とパラメーターの不一致

モデルの読み込み時または更新時に端子またはパラメーターの不一致が Simulink ソフトウェアで検出されたときに行う診断アクションを選択します。

設定

既定の設定: [なし]

[なし]

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

[警告]

Simulink ソフトウェアは警告を表示して Model ブロックを更新します。

[エラー]

Simulink ソフトウェアはエラー メッセージを表示して、Model ブロックを更新しません。

ヒント

  • 端子の不一致は、Model ブロックの I/O 端子と、それが参照するモデルのルートレベルの I/O 端子の間に不一致がある場合に発生します。

  • パラメーターの不一致は、Model ブロックによって認識されるパラメーター引数と参照モデルによって宣言されたパラメーター引数の間に不一致がある場合に発生します。

  • 端子またはパラメーターの不一致を示すメッセージを Model ブロック アイコンに表示できます。この機能を有効にするには、親モデルの Simulink エディターから、[情報表示][ブロック][参照モデルのブロック I/O 不一致] を選択してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceIOMismatchMessage
タイプ: 文字列
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策[エラー]

参考

モデル コンフィギュレーションの不一致

このモデルによって参照されるモデルのコンフィギュレーション パラメーターがこのモデルのコンフィギュレーション パラメーターに一致しないとき、または参照モデルに不適切なときに行う診断アクションを選択します。

設定

既定の設定: [なし]

[なし]

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

[警告]

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

[エラー]

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

不適切なコンフィギュレーション パラメーターまたは一致しないコンフィギュレーション パラメーターによってモデルで間違った結果が得られると思われる場合、この診断を [警告] または [エラー] に設定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceCSMismatchMessage
タイプ: 文字列
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策[警告]

参考

無効なルートの Inport/Outport ブロックの接続

このモデルのルートレベルの Output 端子ブロックに対する無効な内部接続が Simulink で検出されたときに行う診断アクションを選択します。

設定

既定の設定: [なし]

[なし]

制約を満たすために、Simulink ソフトウェアは、隠されたブロックを可能な場所にダイアログを表示せずに挿入します。

[警告]

Simulink ソフトウェアは、接続制約に違反していることを示す警告を表示し、隠されたブロックを挿入して制約を満たそうとします。

[エラー]

Simulink ソフトウェアはシミュレーションまたはコード生成を終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 場合によっては (関数呼び出しフィードバック ループなど)、自動的に挿入された隠されたブロックによって遅延が発生し、シミュレーション結果が変わる可能性があります。

  • ルート I/O の問題を排除するために自動挿入された隠されたブロックは、サブシステムの境界で停止します。したがって、以下の制約に違反するサブシステムを含むモデルを手動で変更しなければならない場合があります。

  • 無効な内部接続のタイプを以下に示します。

    • ルート Output 端子が直接または間接的に複数の非バーチャル ブロック端子に接続されている。

    • ルート Output 端子が Ground ブロックに接続されている。

    • 2 つのルート Outport ブロックが同じブロック端子に接続されている。

    • Outport ブロックがブロック出力の同じ要素に接続されていて、それ以外に接続されていない。

    • Outport ブロックが同じ要素に 2 回以上接続されている。

    • ルートの出力端子を駆動する信号がテスト ポイントである。

  • 出力端子のサンプル時間は一定だが、駆動ブロックのサンプル時間が一定でない。

  • 駆動ブロックのサンプル時間が一定で複数の出力端子があり、ブロックのその他の出力端子の 1 つがテスト ポイントである。

  • ルートの出力端子が条件付きで計算され、関数プロトタイプ コントロールまたはカプセル化 C++ ターゲットを使用しており、関数プロトタイプの仕様または C++ ターゲットの仕様で、そのルートの Outport に対応する出力変数が値で返されることが指定されている。

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceIOMsg
タイプ: 文字列
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策[エラー]

参考

サポートされないデータ ログ

このモデルがデータ ログで To WorkspaceTo Workspace ブロックまたは ScopeScope ブロックを制約するときに行う診断アクションを選択します。

設定

既定の設定: [警告]

[なし]

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

[警告]

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

[エラー]

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

コマンド ライン情報

パラメーター: ModelReferenceDataLoggingMessage
タイプ: 文字列
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策[エラー]

参考

この情報は役に立ちましたか?