ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの概要

モデルのアクティブな "コンフィギュレーション セット" の設定値を指定するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用します。使用するソルバーのタイプやインポート/エクスポート設定など、モデルの実行方法を決定する値は、コンフィギュレーション セット内のパラメーターによって決定されます。詳細については、「コンフィギュレーション セット」を参照してください。

ダイアログ ボックスを開くには、Simulink® エディターで [シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択するか、Simulink エディターのツール バーにある [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ボタン をクリックします。ダイアログ ボックスでは、コンフィギュレーション セットを 2 つの方法のいずれかで表示できます。既定の [よく使用するパラメーター] タブには、一般的に使用されるパラメーターがカテゴリ別に表示されます。[すべてのパラメーター] タブには、コンフィギュレーション セットのユーザーに表示されるパラメーターの完全なリストが表示されます。[よく使用するパラメーター] タブまたは [すべてのパラメーター] タブのいずれかでパラメーターの値を編集できます。

[よく使用するパラメーター] タブ

[よく使用するパラメーター] タブは、一般的に使用されるコンフィギュレーション パラメーターをカテゴリにグループ化します。特定のカテゴリのパラメーターを表示するには、ダイアログ ボックスの左側にある [選択] ツリーでそのカテゴリをクリックします。

[すべてのパラメーター] タブ

[すべてのパラメーター] タブには、コンフィギュレーション セットのユーザーに表示されるすべてのパラメーターが含まれます。このタブでは、次の操作が可能です。

  • 特定のパラメーターまたはフィルター パラメーターをカテゴリ別に検索。

  • 列名をクリックして、パラメーターを列で並べ替え。元の並べ替え順序に戻すには、左上隅のリセット アイコンをクリック。

  • パラメーター値を編集。

  • パラメーターの説明を展開して、パラメーターの依存関係を表示。

  • [コマンド ライン名] 列からスクリプトで使用できるパラメーター名を取得。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの各パラメーターは、set_param コマンドを使用して設定することもできます。[すべてのパラメーター] タブには、各パラメーターに対応するコマンド ライン名が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?