ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink 製品の説明

シミュレーションとモデルベース デザイン

Simulink® は、マルチドメイン シミュレーションとモデルベース デザインのためのブロック線図環境です。この環境では、システムレベル デザイン、シミュレーション、自動コード生成、組み込みシステムのテストと検証の繰り返し作業をサポートします。Simulink には、動的システムのモデル化およびシミュレーションのためのグラフィカル エディター、カスタマイズ可能なブロック ライブラリおよびソルバーが用意されています。Simulink は MATLAB® と統合化されており、モデルに MATLAB アルゴリズムを組み込み、シミュレーションの結果を MATLAB にエクスポートして詳細な解析を行うことができます。

主な機能

  • 階層的なブロック線図を作成および管理するグラフィカル エディター

  • 連続時間および離散時間のシステムをモデル化するための事前定義されたブロックのライブラリ

  • 固定ステップおよび可変ステップの ODE ソルバーを使用するシミュレーション エンジン

  • シミュレーション結果を確認するためのスコープおよびデータ表示

  • モデル ファイルとデータを管理するためのプロジェクトおよびデータ管理ツール

  • モデル アーキテクチャを改良してシミュレーション速度を上げるためのモデル解析ツール

  • MATLAB アルゴリズムをモデルにインポートするための MATLAB Function ブロック

  • C および C++ コードをモデルにインポートするためのレガシ コード ツール

この情報は役に立ちましたか?