ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーションのランタイム データの保存

MATLAB® ワークスペースへのシミュレーション データの保存、信号のログ、信号、時間、出力および状態データのエクスポート

シミュレーション中に信号値を MATLAB ワークスペースまたは MAT ファイルに保存し、取得してから後処理をすることができます。シミュレーション データの保存は、シミュレーション データのログ記録またはエクスポートとも呼ばれています。

シミュレーション データを Dataset 形式で保存すると、さまざまなログ手法の結果に共通の形式が提供されるため、後処理が簡略化されます。Dataset 形式を使用するとデータが MATLAB timeseries オブジェクトとして保存されるため、MATLAB を使用して処理することができます。

  • 信号のログおよびデータ ストアでは、Dataset 形式が使用されます。

  • 出力および状態ログでは、既定の形式として Dataset が使用されます。

  • To File ブロックおよび To Workspace ブロックの既定の保存形式は Timeseries です。

Simulink® には、Dataset 形式へのログ データの変換を実行するためのツールが用意されています。

信号データのログ記録に使用する方法を決定するには、シミュレーション データのエクスポートを参照してください。

ブロック

Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
To File データをファイルに書き込み
To Workspace データをワークスペースに書き込み

関数

Simulink.ModelDataLogs.convertToDataset ログ データの Simulink.ModelDataLogs 形式から Simulink.SimulationData.Dataset 形式からへの変換
Simulink.SimulationData.signalLoggingSelector 信号のログ セレクターを開く
Simulink.SimulationData.updateDatasetFormatLogging 信号のログに Dataset 形式を使用するよう、モデルおよびその参照モデルを変換する
unpack 信号ログから信号ログ処理オブジェクトを抽出し、MATLAB ワークスペースに書き込む
Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseries MATLAB timeseries オブジェクトのリーフ ノードを用いた構造体の作成
Simulink.SimulationData.Unit.setName ログ データの単位の名前の指定
Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames MAT ファイルの Dataset 変数名のリスト
who 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする
whos 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前と型を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする

クラス

Simulink.SimulationData.Dataset Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの作成
Simulink.SimulationData.DatasetRef Simulink.SimulationData.DatasetRef オブジェクトの作成
Simulink.SimulationData.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.SimulationData.Signal 信号のログ情報のコンテナー
Simulink.SimulationData.State 状態ログの要素
Simulink.SimulationData.Unit シミュレーション データの単位の保存
Simulink.SimulationOutput シミュレーション結果のオブジェクト値へのアクセス
Simulink.SimulationData.LoggingInfo 信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo モデルの信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo 信号の信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationMetadata シミュレーション実行のメタデータへのアクセス
Simulink.ModelDataLogs モデルの信号データ ログのコンテナー
Simulink.SubsysDataLogs サブシステムの信号データ ログのコンテナー
Simulink.TimeInfo Simulink.Timeseries オブジェクトの時間データについての情報を提供
Simulink.Timeseries mux およびバス信号以外の信号のデータの保存
Simulink.TsArray mux またはバグ信号のデータを保存

トピック

シミュレーション データ

シミュレーション データのエクスポート

シミュレーション データをエクスポート (ログ作成) することにより、モデルの解析とデバッグに使用できるベースラインを提供します。

記録されたシミュレーション データのデータ形式

ScopeTo File または To Workspace ブロックは、シミュレーション データのエクスポートに使用できます。

ログ データのデータセット変換

次のいずれかの形式で記録されたログ データを含む MATLAB ワークスペース変数は、Simulink.SimulationData.Dataset コンストラクターを使用して Dataset 形式に変換することができます。

エクスポートされるデータ量の制限

いくつかのオプションを使用してシミュレーション中に記録されるデータの量を削減できます。

永続ストレージを使用したデータの記録

ログに記録されたシミュレーション データを MAT ファイルの永続ストレージに保存できます。

永続ストレージからのログ データへのアクセス

MATLAB で解析するために永続ストレージに記録されたデータにアクセスできます。

単位を使用する信号データのログ

信号に指定した単位をログ データに含めるには、Dataset または Timeseries ログ形式を使用します。

[データのインポート/エクスポート] ペイン

インポートおよびエクスポートするデータを指定するためのパラメーター

シミュレーション状態

状態情報

ブロックの中にはシミュレーションで使用する状態情報を保持するものがあります。

状態情報の保存

シミュレーション中に各シミュレーション ステップのログ状態の状態情報を保存できます。

MATLAB ワークスペース

エクスポートされるデータ量の制限

いくつかのオプションを使用してシミュレーション中に記録されるデータの量を削減できます。

可変ステップ ソルバーのためにエクスポートするサンプル

[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][追加パラメーター][出力オプション] リストを使用して、モデルで可変ステップ ソルバーを使用するときにシミュレーションで生成される出力の量を制御します。

信号のログ

信号ログを使用して、信号データをエクスポート

シミュレーションから信号データを取得するために、通常、信号ログを使用できます。

ログ記録用の信号の構成

以下のいずれかの手法で、信号をマークしてログを有効にします。

信号ログ コンフィギュレーションの表示

Simulink エディターで、信号ログ インジケーターを表示する

モデルの信号ログを有効にする

信号をログに記録するには、信号ログ用に信号をマークします。

信号ログ設定のオーバーライド

モデルを開発する際に、特定のシミュレーション実行用の信号ログ設定をオーバーライドする場合があります。

信号ログ データへのアクセス

以下のインターフェイスのいずれかを使用して、一時停止または完了したシミュレーションの信号ログ データを表示できます。

Dataset 形式へのログ データの変換

この例では、MATLAB 時系列データを Dataset 形式に変換する方法を示します。

データ ストア

データ ストアのログ記録

データ ストア データをログ記録する方法を説明する

この情報は役に立ちましたか?