ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

6 自由度 (6-DoF) のモーション プラットフォーム

この例では、Simulink® で 6 自由度の動きをモデル化する方法を示します。Variant Subsystem ブロックの [バリアント]、[オーバーライドの方法] コンテキスト メニューを使用すると、運動方程式のモデル化でオイラー角と四元数の使用を切り替えることができます。

この情報は役に立ちましたか?