ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Flip-Flop を使った 4 を法とするカウンター

この例では、Flip-Flop ブロック (Simulink® Extras Library 内) を使用して 4 を法とするカウンターを実装する方法を示します。4 を法とするカウンターの出力が使用され、4 クロック パルスごとに半分のクロック サイクル幅のパルスが生成されます。実質的には、4 を法とするカウンターで両方の出力が 1 に等しくなると、常にパルスが生成されます。

この情報は役に立ちましたか?