ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

内挿アルゴリズムの選択と軌跡のアニメーション

この例では、n-D Lookup Table ブロックで実行される 2 次元データセットの内挿オプションと外挿オプションの変更結果を可視化するために、動的なコメット プロットを使用する方法を示します。精度、滑らかさ、データ サイズ、およびパフォーマンスのトレードオフを行うために、さまざまな状況でアルゴリズム オプションを採用することができます。

モデルを開き、Lookup Table ブロックのダイアログを使用して内挿と外挿を変更してみます。モデル エクスプローラーの右側のペインに組み込まれている、このダイアログのコピーが、最初のシミュレーションの後で表示されます。モデル全体とそのブロックの値をモデル エクスプローラーから入力し調整することができます。これには、コード生成とデータ管理のための、モデル コンフィギュレーション パラメーター、Simulink ブロック、Stateflow® チャート、Simulink® Coder™ の各設定が含まれます。

プロットを作成するために、非割り込みのログ機能を使用してシミュレーションからのデータのログが作成されます。非割り込みのログは、特定のブロック出力端子上の青色の小さい "送信機アンテナ" によってブロック線図でアニメーション化されます。これらのログ ポイントは 3 つの方法で設定できます (* MATLAB® コマンド ラインから set_param() を使用、* [ブロック線図]、[信号と端子]、[信号とスコープのマネージャー] から、* 信号プロパティ ダイアログから)。

この情報は役に立ちましたか?