ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

急ブレーキの摩擦モデル

この例では、Simulink® で摩擦をモデル化する 1 つの方法を示します。このモデルの 2 つの積分器でシステムの速度および位置が計算され、その結果が摩擦モデルに適用されて摩擦力が計算されます。

シミュレーションを実行すると、初期条件応答が Scope ブロックで表示されます。

この情報は役に立ちましたか?