ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

S-Function API を使用するカスタム コードおよびハンド コードされたブロック

このライブラリは、さまざまなタイプの Simulink® S-Function の例を起動します。Simulink S-Function を使用すると、ハンド コードされたブロックを新たに加えて Simulink を拡張したり、カスタム外部コードとのインターフェイスをとったり、他のプログラムへのライブ インターフェイスを作成したりできます。このデモから、C、C++、M および Fortran プログラミング言語の S-Function が含まれたモデルにアクセスできます。

それぞれの例には、S-Function ブロックを実行するモデルと、S-Function コードを編集するためのリンクが含まれています。[S-Function ブロック] ダイアログ (一部のモデルでは、このダイアログはマスクされています。その場合は、[マスク内の表示] コンテキスト メニュー項目を使用して S-Function のダイアログにアクセスしてください) の [編集] を使用して、メイン S-Function ファイルにアクセスすることもできます。

また、S-Function Builder ブロックは S-Function ブロックのマスク バージョンであり、そこには使いやすいエディターが含まれています。このエディターに、入力、出力、およびパラメーター属性と共にコア アルゴリズムを入力すると、そのコア アルゴリズムから自動的に S-Function が作成されます。既定の設定では、S-Function Builder は、Simulink® Coder™ および Embedded Coder™ 用の TLC ファイルも作成します。

この情報は役に立ちましたか?