ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック作成の基礎

モデルの機能を拡張するためのカスタム ブロックの作成

カスタム ブロックは Simulink® が提供するモデル化機能を拡張します。カスタム ブロックを以下のために使用します。

  • Simulink の組み込みのソリューションでは提供されないモデルの動作を提供する。

  • さらに高度なモデルをビルドする。

  • モデル コンポーネントをライブラリ ブロックにカプセル化して、複数のモデルにコピーできるようにする。

  • ユーザー インターフェイスや解析ルーチンをカスタム化する。

カスタム ブロックの使用方法に関するアイデアについては、カスタム ブロック例を参照してください。

ブロック

Fcn 指定された式を入力に適用
Function Caller Simulink 関数または Stateflow 関数の呼び出し
Interpreted MATLAB Function MATLAB 関数または式を入力に適用
Level-2 MATLAB S-Function モデルで Level-2 MATLAB S-Function を使用
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
S-Function モデルに S-Function を追加
S-Function Builder ユーザーが提供する C コードから S-Function を作成
Simulink Function Function Caller ブロックまたは Stateflow チャートで使用される関数定義

例および操作のヒント

カスタム ブロックの作成

カスタム ブロック作成の手順例

カスタム ブロック例

追加のカスタム ブロック例へのリンク。

概念

カスタム ブロックのタイプ

カスタム ブロックのタイプの概要

カスタム ブロックの機能の比較

カスタム ブロック タイプとその機能的な違いのリスト

カスタム ブロックの機能拡張

カスタム ブロックに機能を追加するためのコールバックと Handle Graphics の使用方法。

この情報は役に立ちましたか?