ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション条件の構成

ソルバーを選択、初期条件を設定、入力データセットを選択、バリアントを選択、ステップ サイズを設定

連続、離散および混合信号システムのシミュレーションの場合、一連の固定ステップ ソルバーと可変ステップ ソルバーから選択できます。ソルバーはシステム ダイナミクスを経時的に計算する積分アルゴリズムです。

どのソルバーが必要かがわからない場合は、自動ソルバーを試してみてください。自動ソルバーは、モデルに最適なソルバーを選択して、シミュレーションの最大ステップサイズを設定します。

また特定のセットのシミュレーション オプションを "コンフィギュレーション セット" として保存できます。コンフィギュレーション セットの保存後、これらのオプションを別のモデルで再利用したり、コンフィギュレーション セットを容易に切り替えたりすることができます。コンフィギュレーション セットを管理するを参照してください。

関数

openDialog [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを開く
closeDialog コンフィギュレーション パラメーター ダイアログを閉じる

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

例および操作のヒント

自動ソルバーによるソルバーの選択

モデルのシミュレーション用ソルバーを Simulink® で選択する場合は、自動ソルバーを使用します。

シミュレーションの開始時間と終了時間の指定

シミュレーションの開始時間と終了時間の指定方法

状態情報の読み込み

次の情報を使用してシミュレーションを初期化できます。

ソルバー プロファイラーを使用したモデル ダイナミクスの確認

モデルのシミュレーション速度が低下したり応答が停止したりした場合は、モデルのダイナミクスを詳細に調べることでシミュレーションに影響している要因を特定しやすくなります。

プロファイルの結果の理解

プロファイラーの推奨事項を解析する方法について説明する概念的なトピックです。

バリアントの選択間の切り替え

モデル内のバリアントの選択は、Variant Subsystem、Variant Source、Variant Sink および Model Variant ブロックの 1 つ以上を使用して表現できます。

コンフィギュレーション セットを管理する

モデルに交換可能なシミュレーションのコンフィギュレーション パラメーター セットを指定する方法

モデル内の複数のコンフィギュレーション セット

モデルでの複数のコンフィギュレーション セットの使用

並べ替え順序の制御と表示

ブロックの実行優先順位の設定方法とその実行順序の表示方法

概念

ソルバー

モデルのシミュレーションに対して最適なソルバーの選択方法

ソルバーの選択

Simulink ライブラリにおけるソルバーには、固定ステップ ソルバーと可変ステップ ソルバーの 2 つの主要なタイプがあります。

状態情報

ブロックの中にはシミュレーションで使用する状態情報を保持するものがあります。

モデル コンフィギュレーションについて

モデル コンフィギュレーションの概要

コンフィギュレーション セットについて

コンフィギュレーション セットについて

この情報は役に立ちましたか?