ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

条件付きサブシステム

他のコンポーネントに依存して実行するコンポーネントのモデル化

ブロック

Enabled Subsystem 外部入力によって実行がイネーブルになるサブシステムを表す
Triggered Subsystem 外部入力により実行がトリガーされるサブシステムを表示
Enabled and Triggered Subsystem 実行が外部信号によって有効化され、トリガーされるサブシステムを表す
Resettable Subsystem 外部トリガーで状態がリセットされるサブシステムを表現
Enable イネーブル端子をシステムに追加します。
Trigger モデルまたはサブシステムにトリガー端子を追加
Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
Inport サブシステムの入力端子、または外部入力を作成
Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
Configurable Subsystem ユーザー指定のブロックライブラリから選択されたブロックの表示
Function-Call Subsystem 別のブロックから関数として呼び出すことができるサブシステムを表現
Variant Subsystem 複数のサブシステムをもつサブシステムを表す
Function-Call Feedback Latch 関数呼び出しブロック間でデータ信号を含んでいるフィードバック ループを抜け出す
Function-Call Generator 指定された時間間隔で指定された回数だけ Function-Call Subsystem を実行
Function-Call Split 関数呼び出し信号を分割するためのジャンクションを提供する
Simulink Function Function Caller ブロックまたは Stateflow チャートで使用される関数定義
Function Caller Simulink 関数または Stateflow 関数の呼び出し
Argument Inport Simulink Function ブロックの引数入力端子
Argument Outport Simulink Function ブロックの引数出力端子
For Each Subsystem 入力信号の各要素またはサブ配列に対してアルゴリズムを反復的に実行し、結果を連結する
For Each マスク パラメーターや入力信号の要素またはサブ配列を For Each Subsystem 内のブロックで個別に処理できるようにする

例および操作のヒント

条件付きサブシステム

Enabled Subsystem の作成

Enabled Subsystem を定義し、それらの作成および使用に対する手法について説明します。

Triggered Subsystem の作成

Triggered Subsystem を定義し、それらの作成および使用に対する手法について説明します。

Triggered and Enabled Subsystem の作成

Triggered and Enabled Subsystem の作成および使用に対する手法について説明します。

サブシステム内のブロックの状態を条件付きでリセット

Enabled Subsystem を定義し、それらの作成および使用に対する手法について説明します。

Function-Call Subsystem の作成

Function-Call Subsystem を定義し、それらの作成および使用に対する手法について説明します。

Action Subsystem の作成

Action Subsystem を定義して、その使用方法について説明します。

制御フロー ロジックの使用

制御フロー ブロックを使用した制御ロジックのモデル作成方法。

For Each Subsystem を使用したアルゴリズムの繰り返し

ブロックとサブシステムをコピーして貼り付けることでブロック線図内でアルゴリズムを繰り返すと、モデルの保守が困難になる可能性があります。

出力の初期化

条件付きサブシステムの初期値の指定と継承

条件付きサブシステムの入力値を初期化するには、以下の方法のいずれかを使って Outport ブロックを初期化します。

初期化モードの簡易またはクラシックへの設定

使用する初期化モードを決定します。

簡易モードの使用による、クラシック モードの問題の解決

クラシック初期化モードを使用すると、以下のような問題の 1 つ以上が発生する場合があります。

初期化モードのクラシックから簡易への変換

初期化モードをクラシック モードから簡易モードに切り替えた場合、いくつかの問題が発生することがあり、1 つずつ解決していく必要があります。

概念

条件付きサブシステム

条件付き実行サブシステムを紹介し、サポートされるタイプを一覧で説明されています。

条件付き実行動作

条件付きサブシステムの実行の最適化の手法について説明します。

条件付きサブシステム出力の初期化

既定で、シミュレーション時、Simulink® は条件付きサブシステムに入力からの値を使用します。

エクスポート関数モデル

エクスポート関数モデルの概念を説明するセクション

関連情報

この情報は役に立ちましたか?