ドキュメンテーション

このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink ブロック

モデル化

モデルの設計

モデルの階層構造

Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
Model モデルをブロックとして別のモデルに含める

非線形性

1-D Lookup Table 1 次元関数を近似
2-D Lookup Table 2 次元関数を近似
Direct Lookup Table (n-D) n 要素、列、または 2 次元行列を検索するための N 次元テーブルのインデックス付け
Interpolation Using Prelookup あらかじめ計算されたインデックスと小数部の値を使用して、n 次元関数の近似を加速する
Lookup Table Dynamic 動的テーブルを使用して 1 次元関数を近似
n-D Lookup Table N 次元関数を近似
Prelookup Interpolation Using Prelookup ブロックのためのインデックスと分割を計算
Sine, Cosine 4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現します。

制御フロー ロジック

If Action Subsystem If ブロックが実行するサブシステムを表現
If if-else 制御フローのモデル作成
Switch Case Action Subsystem Switch Case ブロックにより実行がトリガーされるサブシステムを表現
Switch Case C ライクな switch 制御フロー文の実現
Action Port if および switch 制御フロー文が使用する Action サブシステムの実現
While Iterator Subsystem シミュレーションのタイム ステップの間に、条件が満たされている限り繰り返し実行するサブシステムを表示
While Iterator 条件が満たされている間、現在のタイム ステップでサブシステムの内容を繰り返し実行
For Iterator Subsystem シミュレーション タイム ステップ中に繰り返して実行するサブシステムを表現
For Iterator 反復変数が指定された反復制限限界を超えるまで、現在のタイム ステップで、サブシステムの内容を繰り返して実行する

条件付きサブシステム

Enabled Subsystem 実行が外部信号によって Enabled Subsystem を表す
Triggered Subsystem 外部入力により実行がトリガーされるサブシステムを表示
Enabled and Triggered Subsystem 実行が外部信号によって有効化され、トリガーされるサブシステムを表す
Enable イネーブル端子をシステムに追加します。
Trigger モデルまたはサブシステムにトリガー端子を追加
Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
Inport サブシステムの入力端子、または外部入力を作成
Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
Configurable Subsystem ユーザー指定のブロックライブラリから選択されたブロックの表示
Function-Call Subsystem 別のブロックから関数として呼び出すことができるサブシステムを表現
Variant Subsystem 複数のサブシステムをもつサブシステムを表す
Function-Call Feedback Latch 関数呼び出しブロック間でデータ信号を含んでいるフィードバック ループを抜け出す
Function-Call Generator 指定された時間間隔で指定された回数だけ Function-Call Subsystem を実行
Function-Call Split 関数呼び出し信号を分割するためのジャンクションを提供する
Simulink Function Function Caller ブロックまたは Stateflow チャートで使用される関数定義
Function Caller Simulink 関数または Stateflow 関数の呼び出し
Argument Inport Simulink Function ブロックの引数入力端子
Argument Outport Simulink Function ブロックの引数出力端子
For Each Subsystem 入力信号の各要素またはサブ配列に対してアルゴリズムを反復的に実行し、結果を連結する
For Each マスク パラメーターや入力信号の要素またはサブ配列を For Each Subsystem 内のブロックで個別に処理できるようにする

モデルの構成

信号

Signal Specification 信号の必要な次元、サンプル時間、データ型、数値タイプ、および属性を指定
Bus to Vector バーチャル バスをベクトルに変換
IC 信号の初期値を設定
Probe 信号の属性 (幅、次元、サンプル時間、および複素数信号フラグ) を出力
Rate Transition 異なるレートで動作しているブロック間の、データの伝達を処理
Signal Conversion 信号の値を変えることなく、信号を新しいタイプの信号に変換
Weighted Sample Time サンプル時間を伴う計算をサポート
Width 入力ベクトルの幅を出力

データ型

Block Support Table Simulink ブロックがサポートするデータ型の表示
Data Type Conversion 入力信号を指定されたデータ型へ変換
Data Type Conversion Inherited 継承したデータ型とスケーリングを使用して、データ型を別のデータ型へ変換
Data Type Duplicate すべての入力を強制的に同じデータ型にする
Data Type Propagation 基準信号の情報に基づく伝播信号のデータ型とスケーリングの設定
Data Type Scaling Strip スケーリングを除去と組み込み整数へのマップ

視覚的表現

注釈

DocBlock モデルを記述するテキストを作成して、モデルと共にテキストを保存します。
Model Info モデル プロパティとモデル中のテキストを表示する

モデルの変換

平衡化と線形化

Timed-Based Linearization ベース ワークスペースで特定の時間に線形モデルを生成
Trigger-Based Linearization トリガーされたときにベース ワークスペースで線形モデルを発生

ブロック ライブラリ

Continuous

Integrator 信号を積分
Derivative 入力の時間微分の出力
Integrator Limited 信号を積分
PID Controller 連続時間と離散時間の PID コントローラーのシミュレーション
PID Controller (2 DOF) 連続時間と離散時間の 2 自由度の PID コントローラーのシミュレーション
Second-Order Integrator 入力信号を 2 回積分
Second-Order Integrator Limited 入力信号を 2 回積分
State-Space 線形状態空間システムを実現
Transfer Fcn 伝達関数で線形システムのモデル作成
Transport Delay 設定した時間分だけ入力を遅延
Variable Time Delay 可変時間分だけ入力を遅延
Variable Transport Delay 可変時間分だけ入力を遅延
Zero-Pole 零点-極-ゲイン伝達関数によるシステムのモデル作成

Discontinuities

Saturation 信号の範囲を制限
Backlash 遊びのあるシステムの動作のモデル作成
Coulomb and Viscous Friction 零点で不連続性を、それ以外では線形ゲインのモデル作成
Dead Zone ゼロ出力の領域の生成
Dead Zone Dynamic 範囲内の入力をゼロに設定
Hit Crossing クロッシング ポイントの検出
Quantizer 指定した間隔で入力を離散化
Rate Limiter 信号の変化率を制限
Rate Limiter Dynamic 信号の上昇率および下降率を制限
Relay 2 つの定数間で出力を切り替え
Saturation Dynamic 入力の範囲を指定
Wrap To Zero 入力がしきい値よりも上の場合、出力をゼロに設定

Discrete

Discrete-Time Integrator 信号の離散時間積分または累積の実行
Unit Delay 信号を 1 サンプリング周期遅延
Delay 固定または可変サンプル周期により入力信号を遅延する
Difference 1 タイム ステップでの信号の変化の計算
Discrete Derivative 離散時間微分係数の計算
Discrete FIR Filter FIR フィルター モデル
Discrete Filter 無限インパルス応答 (IIR) フィルターのモデル化
Discrete PID Controller 連続時間と離散時間の PID コントローラーのシミュレーション
Discrete PID Controller (2 DOF) 連続時間と離散時間の 2 自由度の PID コントローラーのシミュレーション
Discrete State-Space 離散状態空間システムの実現
Discrete Transfer Fcn 離散伝達関数を実現
Discrete Zero-Pole 極と零点で指定された離散伝達関数を実現します。
First-Order Hold 1 次サンプル アンド ホールドを実現
Memory 前のタイム ステップでの入力を出力
Resettable Delay 可変サンプル周期により入力信号を遅延し、外部信号でリセットする
Tapped Delay スカラー信号の複数のサンプリング周期を遅らせ、遅らせたすべての信号を出力
Transfer Fcn First Order 離散時間 1 次伝達関数を実現
Transfer Fcn Lead or Lag 離散時間リード補償器またはラグ補償器を実現
Transfer Fcn Real Zero 実数ゼロをもち、極をもたない離散時間伝達関数を実現
Variable Integer Delay 可変サンプル周期による入力信号の遅延
Zero-Order Hold 入力を 1 サンプリング周期だけゼロ次保持

Logic and Bit Operations

Logical Operator 指定した論理演算を入力に実行
Relational Operator 指定した比較演算を入力に適用
Bit Clear 格納された整数の指定されたビットをゼロに設定
Bit Set 格納された整数の指定されたビットを 1 に設定
Bitwise Operator 入力に対する指定されたビット演算
Combinatorial Logic 真理値表の実現
Compare To Constant 指定した定数と信号を比較する方法の定義
Compare To Zero 信号をゼロと比較する方法の定義
Detect Change 信号値の変化の検出
Detect Decrease 信号値の減少の検出
Detect Fall Negative 信号値が厳密に負の値に減少し、前の値が非負のときに、立ち下がりエッジを検出
Detect Fall Nonpositive 信号値が非正の値に減少し、前の値が厳密に正であったときに、立ち下がりエッジを検出
Detect Increase 信号値の増加の検出
Detect Rise Nonnegative 信号値が非負の値に増加し、前の値が厳密にゼロ未満であったときに、立ち上がりエッジを検出
Detect Rise Positive 信号値が厳密に正の値に増加し、前の値が非正であったときに、立ち上がりエッジを検出
Extract Bits 入力信号から選択された連続ビットを出力
Interval Test 指定した区間内に信号が存在するかどうかを判定
Interval Test Dynamic 指定した区間内に信号が存在するかどうかを判定
Shift Arithmetic 信号のビットや 2 進数小数点をシフト

Lookup Tables

1-D Lookup Table 1 次元関数を近似
2-D Lookup Table 2 次元関数を近似
Cosine 4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現します。
Direct Lookup Table (n-D) n 要素、列、または 2 次元行列を検索するための N 次元テーブルのインデックス付け
Interpolation Using Prelookup あらかじめ計算されたインデックスと小数部の値を使用して、n 次元関数の近似を加速する
Lookup Table Dynamic 動的テーブルを使用して 1 次元関数を近似
Prelookup Interpolation Using Prelookup ブロックのためのインデックスと分割を計算
Sine 4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現します。
n-D Lookup Table N 次元関数を近似

Math Operations

Gain 入力に定数を乗算
Product スカラー、非スカラーの乗算と除算、あるいは行列の乗算と逆行列
Sum 入力の加算または減算
Vector Concatenate 同じデータ型をもつ入力信号を連結して連続した出力信号を作成
Slider Gain スライダーを使ってスカラー ゲインを変更
Dot Product 2 つのベクトルの内積を生成します。
Product of Elements 1 つのスカラー入力のコピーまたは逆数、あるいは 1 つの非スカラー入力をベクトルやスカラーに変換
Divide 一方の入力を他方の入力で除算します。
Add 入力の加算または減算
Subtract 入力の加算または減算
Sum of Elements 入力の加算または減算
Abs 入力の絶対値の出力
Math Function 数学関数を実行
Trigonometric Function 入力に対する指定された三角関数
Rounding Function 信号に対して丸め関数を適用
Sign 入力の符号
Sqrt 平方根、符号付き平方根、または逆平方根を計算
Signed Sqrt 平方根、符号付き平方根、または逆平方根を計算
Reciprocal Sqrt 平方根、符号付き平方根、または逆平方根を計算
Algebraic Constraint 入力信号をゼロに制限
Assignment 指定された信号要素に値を代入
Bias 入力にバイアスを追加
Complex to Magnitude-Angle 複素数信号の大きさと位相角の計算
Complex to Real-Imag 複素数入力信号の実数部と虚数部の出力
Find 配列内の非ゼロ要素を検索します。
Magnitude-Angle to Complex 振幅信号と位相角信号の両方またはどちらか一方を複素信号に変換
Matrix Concatenate 同じデータ型をもつ入力信号を連結して連続した出力信号を作成
MinMax 最小入力値または最大入力値を出力
MinMax Running Resettable 経時変化する信号の最小値と最大値を求める
Permute Dimensions 多次元配列の次元の並べ替え
Polynomial 入力値に対する多項式係数を評価する
Real-Imag to Complex 実数の入力および虚数の入力を、複素数値の信号に変換
Reshape 信号のサイズの変更
Sine Wave Function 時間のソースとして外部信号を使用し、正弦波を生成
Squeeze 多次元信号の大きさが 1 の次元を削除
Unary Minus 入力の符号を反転
Weighted Sample Time Math サンプル時間を伴う計算をサポート

Model Verification

Assertion 信号がゼロかどうかのチェック
Check Dynamic Gap 幅の変化のギャップが信号の振幅の範囲内であるかどうかのチェック
Check Dynamic Range 信号がタイム ステップ間で変化する振幅の範囲内であるかどうかのチェック
Check Static Gap ギャップが信号の振幅の範囲内にあるかどうかのチェック
Check Static Range 信号が固定の振幅範囲内にあるかどうかのチェック
Check Discrete Gradient 連続した離散信号のサンプル間の差の絶対値が上限未満であるかどうかのチェック
Check Dynamic Lower Bound ある信号が別の信号より常に小さいかどうかのチェック
Check Dynamic Upper Bound ある信号が別の信号より常に大きいかどうかのチェック
Check Input Resolution 入力信号が指定された分解能をもつかどうかのチェック
Check Static Lower Bound 信号が静的下限より大きい (またはオプションで等しい) かどうかのチェック
Check Static Upper Bound 信号が静的上限より小さい (またはオプションで等しい) かどうかのチェック

Model-Wide Utilities

Block Support Table Simulink ブロックがサポートするデータ型の表示
DocBlock モデルを記述するテキストを作成して、モデルと共にテキストを保存します。
Model Info モデル プロパティとモデル中のテキストを表示する
Timed-Based Linearization ベース ワークスペースで特定の時間に線形モデルを生成
Trigger-Based Linearization トリガーされたときにベース ワークスペースで線形モデルを発生

Ports and Subsystems

Inport サブシステムの入力端子、または外部入力を作成
Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
Model モデルをブロックとして別のモデルに含める
Model Variants モデルをブロックとして別のモデルに含める
Variant Subsystem 複数のサブシステムをもつサブシステムを表す
Configurable Subsystem ユーザー指定のブロックライブラリから選択されたブロックの表示
Atomic Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
CodeReuse Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
Enabled Subsystem 実行が外部信号によって Enabled Subsystem を表す
Triggered Subsystem 外部入力により実行がトリガーされるサブシステムを表示
Enabled and Triggered Subsystem 実行が外部信号によって有効化され、トリガーされるサブシステムを表す
If Action Subsystem If ブロックが実行するサブシステムを表現
Switch Case Action Subsystem Switch Case ブロックにより実行がトリガーされるサブシステムを表現
For Iterator Subsystem シミュレーション タイム ステップ中に繰り返して実行するサブシステムを表現
For Each Subsystem 入力信号の各要素またはサブ配列に対してアルゴリズムを反復的に実行し、結果を連結する
While Iterator Subsystem シミュレーションのタイム ステップの間に、条件が満たされている限り繰り返し実行するサブシステムを表示
Trigger モデルまたはサブシステムにトリガー端子を追加
Action Port if および switch 制御フロー文が使用する Action サブシステムの実現
Enable イネーブル端子をシステムに追加します。
For Each マスク パラメーターや入力信号の要素またはサブ配列を For Each Subsystem 内のブロックで個別に処理できるようにする
For Iterator 反復変数が指定された反復制限限界を超えるまで、現在のタイム ステップで、サブシステムの内容を繰り返して実行する
If if-else 制御フローのモデル作成
Switch Case C ライクな switch 制御フロー文の実現
While Iterator 条件が満たされている間、現在のタイム ステップでサブシステムの内容を繰り返し実行
Function-Call Subsystem 別のブロックから関数として呼び出すことができるサブシステムを表現
Function-Call Feedback Latch 関数呼び出しブロック間でデータ信号を含んでいるフィードバック ループを抜け出す
Function-Call Generator 指定された時間間隔で指定された回数だけ Function-Call Subsystem を実行
Function-Call Split 関数呼び出し信号を分割するためのジャンクションを提供する

Signal Attributes

Data Type Conversion 入力信号を指定されたデータ型へ変換
Bus to Vector バーチャル バスをベクトルに変換
Data Type Conversion Inherited 継承したデータ型とスケーリングを使用して、データ型を別のデータ型へ変換
Data Type Duplicate すべての入力を強制的に同じデータ型にする
Data Type Propagation 基準信号の情報に基づく伝播信号のデータ型とスケーリングの設定
Data Type Scaling Strip スケーリングを除去と組み込み整数へのマップ
IC 信号の初期値を設定
Probe 信号の属性 (幅、次元、サンプル時間、および複素数信号フラグ) を出力
Rate Transition 異なるレートで動作しているブロック間の、データの伝達を処理
Signal Conversion 信号の値を変えることなく、信号を新しいタイプの信号に変換
Signal Specification 信号の必要な次元、サンプル時間、データ型、数値タイプ、および属性を指定
Weighted Sample Time サンプル時間を伴う計算をサポート
Width 入力ベクトルの幅を出力

Signal Routing

Bus Creator 信号バスの作成
Bus Selector 入力バスの信号を選択
Demux ベクトル信号の出力要素の抽出
Mux 複数の入力信号を組み合わせてベクトルにする
Switch 2 番目の入力の値に応じて、最初の入力と 3 番目の入力の出力を切り替える
Bus Assignment 指定したバス要素を置き換えます。
Data Store Memory データ ストアの定義
Data Store Read データ ストアからデータの読み込み
Data Store Write データ ストアへデータの書き込み
Environment Controller シミュレーションのみ、またはコード生成のみに適用される分岐をブロック線図に作成
From Goto ブロックからの入力の受け入れ
Goto ブロック入力を From ブロックに渡す
Goto Tag Visibility Goto ブロックタグの範囲を定義
Index Vector 最初の入力の値に基づいてさまざまな入力間での出力の切り替え
Manual Switch 2 つの入力間の切り替え
Merge 複数の信号を単一の信号に結合
Multiport Switch 複数のブロック入力のいずれか 1 つを選択
Selector ベクトル信号または行列信号、多次元信号からの入力要素を選択
Vector Concatenate 同じデータ型をもつ入力信号を連結して連続した出力信号を作成

Sinks

Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
Scope シミュレーション中に生成される信号を表示
Terminator 未接続の出力端子の終端を生成
Display 入力の値を示します。
Floating Scope シミュレーション中に生成される信号を表示
Stop Simulation 入力が非ゼロの場合にシミュレーションを停止
To File データをファイルに書き込み
To Workspace データを MATLAB ワークスペースに書き込み
XY Graph MATLAB の figure ウィンドウに信号の X-Y プロットを表示

Sources

Constant 定数値の生成
Ground 未接続の入力端子を接地
Inport サブシステムの入力端子、または外部入力を作成
Sine Wave 時間のソースとしてシミュレーション時間を使用し、正弦波を生成
Band-Limited White Noise 連続システム用のホワイト ノイズの生成
Chirp Signal 周波数が増加する正弦波の生成
Clock シミュレーション時間の表示と出力
Counter Free-Running カウント アップしていき、指定ビット数の最大値に到達した後に、オーバーフローしてゼロに戻る
Counter Limited カウント アップして指定された上限を出力した後、ゼロに戻す
Digital Clock 指定されたサンプリング間隔でシミュレーション時間を出力
Enumerated Constant 列挙型の定数値の生成
From File MAT ファイルからのデータの読み込み
From Workspace ワークスペースからのデータ読み込み
Pulse Generator 一定の間隔で矩形波パルスを生成
Ramp 常に増加または減少している信号を生成
Random Number 正規分布された乱数の生成
Repeating Sequence 任意の形状をした規則的な信号を生成
Repeating Sequence Interpolated 離散型時間シーケンスを出力し、データ点間の内挿を繰り返す
Repeating Sequence Stair 離散型時間シーケンスの出力と繰り返し
Signal Builder 波形が区分的線形である交換可能な信号のグループを作成および生成
Signal Generator さまざまな波形を生成
Step ステップ関数を生成
Uniform Random Number 一様分布する乱数を生成

User-Defined Functions

Argument Inport Simulink Function ブロックの引数入力端子
Argument Outport Simulink Function ブロックの引数出力端子
Fcn 指定された式を入力に適用
Function Caller Simulink 関数または Stateflow 関数の呼び出し
Interpreted MATLAB Function MATLAB 関数または式を入力に適用
Level-2 MATLAB S-Function モデルで Level-2 MATLAB S-Function を使用
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
S-Function モデルに S-Function を追加
S-Function Builder ユーザーが提供する C コードから S-Function を作成
Simulink Function Function Caller ブロックまたは Stateflow チャートで使用される関数定義

Additional Math and Discrete

Fixed-Point State-Space 離散時間状態空間を実現
Transfer Fcn Direct Form II Transfer Fcn Direct Form II の具現化を実現
Transfer Fcn Direct Form II Time Varying 伝達関数の時変 Direct Form II の具現化を実現
Unit Delay Enabled 外部イネーブル信号がオンの場合、1 サンプリング周期だけ信号を遅延
Unit Delay Enabled External IC 外部イネーブル信号がオンの場合、外部初期条件を使って信号を 1 サンプリング周期だけ遅延
Unit Delay Enabled Resettable 外部イネーブル信号がオンの場合、外部論理リセットを使って信号を 1 サンプリング周期だけ遅らせます。
Unit Delay Enabled Resettable External IC 外部イネーブル信号がオンの場合、外部論理リセットと初期条件を使って信号を 1 サンプリング周期だけ遅延
Unit Delay External IC 外部初期条件を使って、信号を 1 サンプリング周期だけ遅延
Unit Delay Resettable 外部論理リセットを使って、信号を 1 サンプリング周期だけ遅延
Unit Delay Resettable External IC 外部論理リセットと外部初期条件を使って、信号を 1 サンプリング周期だけ遅延
Unit Delay With Preview Enabled 外部イネーブル信号がオンの場合、信号および 1 サンプリング周期だけ遅れた信号を出力
Unit Delay With Preview Enabled Resettable 外部リセットを使って、外部イネーブル信号がオンの場合に信号および 1 サンプリング周期だけ遅れた信号を出力
Unit Delay With Preview Enabled Resettable External RV 外部イネーブル信号がオンの場合、外部 RV リセットを使って信号を 1 サンプリング周期だけ遅延
Unit Delay With Preview Resettable 外部リセットを使って、信号および 1 サンプリング周期だけ遅れた信号を出力
Unit Delay With Preview Resettable External RV 外部 RV リセットを使って、信号および 1 サンプリング周期だけ遅れた信号を出力
Decrement Real World 信号の実際値から 1 を減算
Decrement Stored Integer 信号に格納された整数値から 1 を減算
Decrement Time To Zero 信号の実際値からサンプル時間を減算 (ただし、ゼロまで)
Decrement To Zero 信号の実際値から 1 を減算 (ただし、ゼロまで)
Increment Real World 信号の実際値を 1 だけ増加
Increment Stored Integer 信号の格納された整数値を 1 だけ増加

HDL Coder

HDL Operations
Dual Port RAM 2 つの出力端子をもつデュアル ポート RAM
Dual Rate Dual Port RAM 2 つのレートをサポートするデュアル ポート RAM
Simple Dual Port RAM 1 つの出力端子をもつデュアル ポート RAM
Single Port RAM シングル ポート RAM
HDL FIFO 先入れ先出し (FIFO) レジスタに入力サンプルのシーケンスを保存
HDL Counter フリー ランまたはカウント限定ハードウェア カウンター
Serializer1D ベクトル信号をスカラーまたは小さいベクトルに変換
Deserializer1D スカラー ストリームまたは小さいベクトルをベクトル信号に変換
HDL Reciprocal ニュートン・ラプソン近似法による逆数の計算
Bit Concat 最大 128 の入力語を連結して 1 つの出力を生成
Bit Reduce 入力信号のすべてのビットに対して AND、OR または XOR ビット リダクション演算を実行して 1 ビットの結果を出力
Bit Rotate ビット位置に基づいて入力信号を回転
Bit Shift 入力信号の論理シフトまたは算術シフト
Bit Slice 入力信号から連続ビットのフィールドを返す

シミュレーション

データのインポート

Inport サブシステムの入力端子、または外部入力を作成

結果の可視化

Scope and Floating Scope シミュレーション中に生成される信号を表示
XY Graph MATLAB の figure ウィンドウに信号の X-Y プロットを表示

実行時の情報のエクスポート

データ エクスポートの基礎

Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
To File データをファイルに書き込み
To Workspace データを MATLAB ワークスペースに書き込み

MATLAB ワークスペース

Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
To Workspace データを MATLAB ワークスペースに書き込み

信号のログ

Outport サブシステムの出力端子または外部出力を作成
To File データをファイルに書き込み

平衡化と線形化

Timed-Based Linearization ベース ワークスペースで特定の時間に線形モデルを生成
Trigger-Based Linearization トリガーされたときにベース ワークスペースで線形モデルを発生

テストとデバッグ

信号解析

Signal Builder 波形が区分的線形である交換可能な信号のグループを作成および生成
Signal Generator さまざまな波形を生成
Assertion 信号がゼロかどうかのチェック
Check Discrete Gradient 連続した離散信号のサンプル間の差の絶対値が上限未満であるかどうかのチェック
Check Dynamic Gap 幅の変化のギャップが信号の振幅の範囲内であるかどうかのチェック
Check Dynamic Lower Bound ある信号が別の信号より常に小さいかどうかのチェック
Check Dynamic Range 信号がタイム ステップ間で変化する振幅の範囲内であるかどうかのチェック
Check Dynamic Upper Bound ある信号が別の信号より常に大きいかどうかのチェック
Check Input Resolution 入力信号が指定された分解能をもつかどうかのチェック
Check Static Gap ギャップが信号の振幅の範囲内にあるかどうかのチェック
Check Static Lower Bound 信号が静的下限より大きい (またはオプションで等しい) かどうかのチェック
Check Static Range 信号が固定の振幅範囲内にあるかどうかのチェック
Check Static Upper Bound 信号が静的上限より小さい (またはオプションで等しい) かどうかのチェック

コンポーネントベースのモデル化

モデル アーキテクチャ

サブシステム

Subsystem 他のシステム内のシステムを表現

ライブラリ

Subsystem 他のシステム内のシステムを表現
Unresolved Link ライブラリ ブロックに関連付けられていない参照の報告

モデル参照

Model モデルをブロックとして別のモデルに含める

データ ストア

Data Store Memory データ ストアの定義
Data Store Read データ ストアからデータの読み込み
Data Store Write データ ストアへデータの書き込み

合成信号

Bus Assignment 指定したバス要素を置き換えます。
Bus Creator 信号バスの作成
Bus Selector 入力バスの信号を選択
Bus to Vector バーチャル バスをベクトルに変換
Demux ベクトル信号の出力要素の抽出
Mux 複数の入力信号を組み合わせてベクトルにする

バリアント システム

Variant Subsystem 複数のサブシステムをもつサブシステムを表す
Model Variants モデルをブロックとして別のモデルに含める

ブロックの作成

ブロック作成の基礎

Fcn 指定された式を入力に適用
Function Caller Simulink 関数または Stateflow 関数の呼び出し
Interpreted MATLAB Function MATLAB 関数または式を入力に適用
Level-2 MATLAB S-Function モデルで Level-2 MATLAB S-Function を使用
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
S-Function モデルに S-Function を追加
S-Function Builder ユーザーが提供する C コードから S-Function を作成
Simulink Function Function Caller ブロックまたは Stateflow チャートで使用される関数定義

カスタム MATLAB アルゴリズム

MATLAB アルゴリズム設計

言語、関数、オブジェクトのサポート
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
データ定義
データ定義の基礎
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
可変サイズ データ
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
構造体
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
列挙型データ
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB のクラス
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
関数ハンドル
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める
関数定義
MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。
MATLAB System System object をモデルに含める

MATLAB アルゴリズムの統合

MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。

コード生成

MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。

パフォーマンス

MATLAB Function 組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含めます。

ホスト固有のコード

S-Function の基礎

S-Function モデルに S-Function を追加
S-Function Builder ユーザーが提供する C コードから S-Function を作成

C/C++ の S-Function

C/C++ S-Function の作成
S-Function モデルに S-Function を追加
S-Function Builder ユーザーが提供する C コードから S-Function を作成

MATLAB S-Function

S-Function モデルに S-Function を追加

Fortran の S-Function

S-Function モデルに S-Function を追加

System object の統合

System object を使用したブロックの実装

MATLAB System System object をモデルに含める
この情報は役に立ちましたか?