ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変換

フーリエ、チャープ Z、DCT、ヒルベルト、ケプストラム、ウォルシュ・アダマール

Signal Processing Toolbox™ には、高速フーリエ変換 (FFT)、離散コサイン変換 (DCT)、ウォルシュ・アダマール変換など、広く使用されている順変換および逆変換を計算するための関数が用意されています。信号の包絡線を抽出し、ヒルベルト変換に基づく解析信号を使用して瞬間周波数を推定します。振幅と位相の関係を調べ、基本周波数を推定して、ケプストラムを使用してスペクトルの周期性を検出します。2 次 Goertzel アルゴリズムを使用して、離散フーリエ変換を計算します。

関数

fft 高速フーリエ変換
ifft 逆フーリエ高速変換
fftshift ゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
dftmtx 離散フーリエ変換行列
fft2 2 次元の高速フーリエ変換
ifft2 2 次元高速フーリエ変換
czt チャープ Z 変換
envelope 信号の包絡線
goertzel 2 次 Goertzel アルゴリズムを使用した離散フーリエ変換
hilbert ヒルベルト変換を使用した離散時間解析信号
dct 離散コサイン変換 (DCT)
idct 逆離散コサイン変換
fwht 高速ウォルシュ・アダマール変換
ifwht 逆高速ウォルシュ・アダマール変換
cceps 複素ケプストラム解析
icceps 逆複素ケプストラム
rceps 実数ケプストラムと最小位相復元
abs 絶対値 (振幅)
angle 位相角
bitrevorder データのビット反転順への並べ替え
digitrevorder 入力を桁反転した順序に変更

例および操作のヒント

離散コサイン変換

音声信号圧縮のための DCT

この例では、離散コサイン変換 (DCT) を使用した音声信号の圧縮方法を説明します。

ヒルベルト変換

ヒルベルト変換

ヒルベルト変換は、解析信号の形成を容易にします。

余弦波の解析信号

この例では、解析信号を求める方法を示します。

解析信号を使用した包絡線抽出

この例は、解析信号を使用して信号の包絡線を抽出する方法を示しています。

解析信号とヒルベルト変換

関数 hilbert は、有限データ ブロックに正確に一致する解析信号を検出します。

ヒルベルト変換および瞬間周波数

ヒルベルト変換で推定されるのは、単一成分の信号の瞬間周波数のみです。

単側波帯振幅変調

この例では、ヒルベルト変換を使用して信号の単側波帯 (SSB) 振幅変調 (AM) を実行する方法を説明します。

ケプストラム

複素ケプストラム -- 基本周波数推定

この例では、複素ケプストラムを使用して話者の基本周波数を推定する方法を説明します。

ケプストラム解析

ケプストラム解析は、音声処理や画像処理などの分野で種々に適用されている非線形信号処理手法です。

概念

離散フーリエ変換

DFT の詳細

離散コサイン変換

離散コサイン変換 (DCT) は、DFT と密接な関係があります。

チャープ Z 変換

チャープ Z 変換 (CZT) は、単位円以外の等高線に沿った Z 変換の評価において有効です。

ウォルシュ・アダマール変換

ウォルシュ・アダマール変換は、信号を一連の基底関数に分解する、非正弦関数による直交変換手法です。

この情報は役に立ちましたか?