ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

spectrum.yulear

ユール・ウォーカー スペクトル オブジェクト

構文

Hs = spectrum.yulear
Hs = spectrum.yulear(order)

説明

    メモ:   spectrum.yulear の使用は推奨されていません。代わりに pyulear を使用してください。

Hs = spectrum.yulear では、ユール・ウォーカー スペクトル推定アルゴリズムのパラメーターを定義する、既定のユール・ウォーカー スペクトル オブジェクト Hs が返されます。この手法は、自己相関またはウィンドウ法とも呼ばれます。ユール・ウォーカー アルゴリズムでは、任意の次数 order の自己再帰型 (AR) 線形予測フィルター モデルを信号に近似して、スペクトルが推定されます。これは、一連のユール・ウォーカー方程式に導かれ、レビンソン・ダービン帰納法を使用して解かれます。

Hs = spectrum.yulear(order) では、指定の order に従い、スペクトル オブジェクト Hs が返されます。order の既定値は 4 です。

    メモ:   ユール・ウォーカー アルゴリズムの詳細は、pyulear を参照してください。

4 次の自己回帰モデルを定義し、ユール・ウォーカー アルゴリズムを使用してスペクトルを表示します。

x=randn(100,1);
x=filter(1,[1 1/2 1/3 1/4 1/5],x);   % 4th order AR filter
Hs=spectrum.yulear;                  % 4th order AR model
psd(Hs,x,'NFFT',512)

参考

| | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?