ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

polyscale

多項式の根のスケーリング

構文

b = polyscale(a,alpha)

説明

b = polyscale(a,alpha) では、z 平面で多項式の根がスケーリングされます。ここで、a は多項式の係数を含むベクトルで、alpha はスケーリング ファクターです。

alpha[0 1] の範囲の実数の場合、a の根は z 平面内で原点に向かう半径方向にスケーリングされます。alpha に複素数を設定すると、根の位置を任意に変更できます。

詳細

すべて展開する

ヒント

自己回帰多項式の中の根の半径を小さくすること、周波数応答のスペクトル ピークの帯域幅が拡張されます (平坦になります)。この演算は、多くの場合帯域幅拡張と呼ばれます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?