ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

filtic

直接型 II 転置フィルターの実装に対する初期条件

構文

z = filtic(b,a,y,x)
z = filtic(b,a,y)

説明

z = filtic(b,a,y,x) では、過去の出力 y と入力 x が与えられた場合、"直接型 II" 転置フィルター実装の遅延に対する初期条件 z が求められます。ベクトル ba は、フィルターの伝達関数の分子係数と分母係数をそれぞれ表します。

ベクトル xy には、最近の入力または出力が最初に含まれ、最も古い入力または出力が最後に含まれます。

x=[x(1),x(2),x(3),,x(n)]y=[y(1),y(2),y(3),,y(m)]

ここで、nlength(b)-1 (分子の次数) であり、mlength(a)-1 (分母の次数) です。 length(x)n 未満の場合、filtic によって、長さが n になるようにゼロが付加されます。length(y)m 未満の場合、filtic によって、長さが m になるようにゼロが付加されます。x(n-1) を超える x の要素と y(m-1) を超える y の要素は必要ないため、filtic では無視されます。

出力 z は、n と m の大きいほうの値と等しい長さの列ベクトルです。z は、過去の入力 x と過去の出力 y が与えられた場合、遅延の状態を表します。

z = filtic(b,a,y) では、入力 x が過去において 0 であると仮定しています。

直接型 II 転置構成は、次のように表されます。

n – 1 はフィルター次数です。

filtic は、実数入力および複素数入力の両方に使用できます。

診断

入力引数 yxb、または a のいずれかがベクトルでない場合 (すなわち、いずれかの引数がスカラーまたは配列の場合)、filtic では以下のエラー メッセージが表示されます。

ベクトル入力が必要です。

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

filtic では、逆方向の差分方程式を作成して遅延状態 z が求められます。

参考文献

[1] Oppenheim, A.V., and R.W. Schafer, Discrete-Time Signal Processing, Prentice-Hall, 1989, pp. 296, 301-302.

参考

|

この情報は役に立ちましたか?