ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

filter

再帰型 (IIR) または非再帰型 (FIR) のフィルターによるデータのフィルター処理

説明

filter は、MATLAB® 関数です。

信号固有の情報

digitalFilter オブジェクトを使ったフィルター

filtery = filter(d,x) の形式で使用し、digitalFilter d を使用して入力信号 x をフィルター処理し、出力データ y を取得します。

d を周波数応答仕様に基づいて生成するには、関数 designfilt を使用します。

x は倍精度または単精度のベクトルです。あるいは、入力チャネルと同数の列をもつ行列です。

FIR フィルター

FIR フィルターの分母は、定義により 1 です。FIR 関数の b 係数とともに関数 filter を使用するには、y = filter(b,1,x) を使用します。

この情報は役に立ちましたか?