ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dfilt.statespace

離散時間状態空間フィルター

構文

Hd = dfilt.statespace(A,B,C,D)
Hd = dfilt.statespace

説明

Hd = dfilt.statespace(A,B,C,D) では方形配列 ABC、および D をもつ離散時間状態空間フィルター Hd が返されます。

ABC、および D は、行列形式または状態空間形式のフィルターの差分方程式から得られたものです。

x(n+1)=Ax(n)+Bu(n)y(n)=Cx(n)+Du(n)

ここで、x(n) は時間 n におけるベクトルの状態、u(n) は時間 n における入力、y は時間n における出力、A は状態遷移行列、B は入力から状態への伝送行列、C は状態から出力への伝送行列、D は入力から出力への伝送行列です。単一チャネル システムの場合、Amm 列の行列 (m はフィルターの次数)、B は列ベクトル、C は行ベクトル、D はスカラーです。

Hd = dfilt.statespace では、A=[ ]、B=[ ]、C=[ ]、および D=1 の既定の離散時間状態空間フィルター Hd が返されます。このフィルターでは、入力が変化せずそのまま出力されます。

結果として得られるフィルター状態の列ベクトルは、A または B と同じ行数をもちます。

2 次ローパス バタワース設計から、2 次の状態空間フィルター構造を作成します。

[A,B,C,D] = butter(2,0.5);
Hd = dfilt.statespace(A,B,C,D)

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?