ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dfilt.parallel

離散時間並列構造フィルター

構文

Hd = dfilt.parallel(Hd1,Hd2,...)

説明

Hd = dfilt.parallel(Hd1,Hd2,...) は、複数の dfilt フィルター (Hd1Hd2 など) を並列に配置した構造の離散時間フィルター Hd を返します。並列構造内の各フィルターは、独立のステージです。個々のステージの状態のみを表示できます。ステージの状態を表示するには、以下を使用します。

Hd.stage(1).states

既存の並列フィルター Hd にフィルター Hd1 を追加するには、以下のようにします。

addstage(Hd,Hd1)

また、次のようにコンマ以外を使用した表記形式で並列構造を呼び出すこともできます。

parallel(Hd1,Hd2,...)

並列構造を使用して、正規化されたカットオフ周波数が 0.5、ピーク間リップルが 1 デシベル、最小阻止帯域減衰量が 40 dB の 7 次ローパス デジタル楕円フィルターの結合オールパス分解を作成します。

k1 = [-0.0154    0.9846   -0.3048    0.5601]; 
Hd1 = dfilt.latticeallpass(k1);
k2 = [-0.1294    0.8341   -0.4165];
Hd2 = dfilt.latticeallpass(k2);
Hpar = parallel(Hd1 ,Hd2);
gain = dfilt.scalar(0.5);    % Normalize passband gain
Hcas = cascade(gain,Hpar);

このフィルターのステージの詳細を表示するには、以下のようにします。

info(Hcas.Stage(1))

および

info(Hcas.Stage(2))

このフィルターを表示するには、以下のようにします。

fvtool(Hcas)

この情報は役に立ちましたか?